パニック障害を呼吸法で克服できる?

Spread the love

パニック障害を呼吸法で克服できる?

ごく軽症のパニック障害であれば、呼吸法で克服できるかと思います。パニック障害のような心の病気にかかっている人は、浅く弱い呼吸が慢性的な習慣になっています。そして、呼吸が浅いと精神が不安定になり、パニック発作の惹起に終局的につながることになります。


呼吸とはそもそも何か?

呼吸は書いて読んだごとくですが、呼気と吸気の繰り返しをいいます。呼気とは吐く息です。吸気とは吸う息です。

・吐く息が長く力強いほど副交感神経が優位になります。(゠つまり、リラックスできる。)
逆に、
・吸う息に力が入り、吸う息が長いと交感神経優位の緊張型になります。つまり、パニック障害になりやすくなるわけです。

呼吸のコントロールは、脳幹という最も古い脳部位が司り、そこから大脳新皮質に存在する中枢神経系統との相互互換作用で、深い呼吸および浅い呼吸が決定づけられています。したがって、人為的な呼吸法によって呼吸を制御し、それによってパニック障害を克服しようという試みは、かなり無理があります。ことに、中度以上のパニック障害においてそういえます。何故かというと、呼吸のパターンは既にあなたの脳の機能によって必然的に生み出されているからです。

パニック障害を克服する最も効果的な呼吸法とはなにか?

しかしながら、パニック障害に呼吸法が全く無効かというとそういうわけでもありません。パニック障害を克服するのに、最も効果的な呼吸法の練習は何かと皆さんは考えますか?それは、息が上がるような有酸素運動の習慣をつけることです。これは前の記事で説明しているのでそちらを参照ください。

【↑私によるパニック障害を克服する呼吸法についての解説】

なぜ、有酸素運動が最上の呼吸法の練習になるのかというかというと、運動をすると、呼吸筋(呼吸に関連する筋肉群)が、激しく収縮と拡張を繰り返します。
この収縮と拡張の幅が広ければ広いほど、深い安定した呼吸ができていることを意味します。
つまり、呼吸に関する筋肉が柔軟になるということです。呼吸筋が柔軟になると必然的に長く深い呼気に力の入った呼吸が可能になるという算段です。

脳内の神経伝達物質でいえば特に、GABA(γアミノ酪酸)が増加するので、筋肉が弛緩しリラックスする、それに伴い心も安定するということです。よって、パニック障害を克服するために呼吸法なんて練習する前に、有酸素運動の習慣を先につけなさい、という話になるわけです。

(まとめ)

パニック障害を克服するのに、まず第一に呼吸法などいちいちやる必要はない。
運動の習慣をつけるだけで、呼吸筋は必然的に柔軟になるので、
呼吸が深くなり、脳波が安定する。(゠精神が安定する)

パニック障害を克服【最新版】 ←トップへ戻る

(Visited 1 times, 1 visits today)

Spread the love

コメントを残す