パニック障害の人が飛行機を克服する対策

Spread the love

パニック障害の人が飛行機を克服する対策


パニック障害を持つ人では飛行機に乗れないという人が少なくありません。何故かというと、飛行機がもし墜落したらどうしようと考えるからです。また、飛行機のような一定時間、自由になれない環境で、そして公衆の前、パニック発作が起きたらどうしよう。過呼吸になったらどうしよう・・・・・・などとパニック障害の当事者は杞憂を抱いてしまいます。今回はパニック障害の人が飛行機に乗るのを克服するにはどうすればいいかという対策について書かせていただきます。

パニック障害のコントロールは精神論では語れない。しかし・・・

パニック障害の人が飛行機を克服するには、精神論や根性論でやはりどうにかなる問題ではいつもの話になってしまうのですが、ありません。たとえば、ヘビが嫌いな人にヘビを好きになれといくら言っても、ヘビを怖がります。しかしながら、ある程度、慣れるということはできます。

パニック障害でも飛行機を克服する一法

このような克服法を、暴露療法といいます。これは前の投稿で私が説明した
パニック障害を森田療法で克服できるのか?
という記事に新しいです。

パニック障害を持つ人が飛行機に乗れるようになるには、飛行機に乗ることを何度も繰り返すことがある程度有効です。要するに飛行機は慣れてしまうということです。ちなみに、飛行機が墜落する確率は、

旅客機が墜落する確率について引用: まず、米国の国家安全運輸委員会(NTSB)の調査によると、飛行機に乗った時に墜落する確率は0.0009%だそうです。 しかし、これはあくまで全世界の航空会社総合の平均値。 米国国内の航空会社のみを考えた場合、確率は0.000032%とされています。

つまり、墜落事故に遭遇する確率は宝くじの一等に当選するような天文学的に少ないそれなのです。このような統計の理解もパニック障害の人が飛行機に無事乗れることができるようになるために役立つ知識だと思います。要するに、パニック障害の人が飛行機を恐れる理由は杞憂であると頭で理解することができるようになるということができます。

飛行機に乗る1時間前に抗不安薬を服薬しておく

また、ここまでの話は、精神論が多かったので、それと真逆の具体的な方法を、ここで書きますと、旅客機内でパニック発作が起こるのが怖いのであれば、飛行機に乗る前に、搭乗ロビーで抗不安薬を服薬しておくと良いのです。抗不安薬はパニック発作を抑えますから、そうすれば、飛行機の中で、パニック発作で苦しむことはなくなります。抗不安薬は服薬後、効果が現れるまでに30分~1時間くらいかかるので、搭乗ロビーで待機しているときに服用しておくことをお勧めします。

(まとめ)

今回はパニック障害の人の飛行機を克服する・・・・・・そういった趣旨の記事を書かせていただきましたが、正直自分で書いていてバカバカしいと感じてしまいます。パニック障害あるあるのありきたりな記事だと今現在の私は感じてしまうからです。しかしながら、当事者は本当に苦しんでいることも同時に思慮し、申し訳ないとも感じました。

パニック障害を克服【最新版】 (←トップへ戻る)

 


Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です