パニック障害で自殺?

パニック障害で自殺?

パニック障害で自殺まで追い込まれる人は
そこまで多くはないかと思いますが、
中には存在すると思われます。

パニック障害は人によって軽症、重症など百人百様で一概にはいえませんが、
自殺まで追い込まれる人もいます。
まず、パニック障害で自殺に追い込まれている場合、
精神クリニックに行き、
抗不安薬を処方してもらい、
それを服用されると良いかと思います。

自殺の衝動が強いときの対策(過去の私のケースから)

自殺思考が強いとき、
この種の抗不安薬は心をリラックスさせますので、
効果的であるといえます。

過去の私はパニック障害だけでなく、
強迫性障害や境界性人格障害をわづらいましたので、
自殺未遂は何度も経験したことがあります。

世の中すべてを呪い、
神も仏もあるものかと憤りながら断行しましたが
失敗しました。

パニック障害における自殺が止まった理由

パニック障害もろもろから生じていた自殺の思考が消失したのは
ただしいパニック障害の克服法をとったからだということができます。

そうでなければ自殺していたと思います。

今現在私は32歳ですが、
20代後半よりようやく人生が開けてきたので
非常にうれしく思っています。

 

それまでの私の人生は地獄でした。

運動の習慣がパニック障害の克服に効く

 

私の場合、
パニック障害の症状自体は運動の習慣をつけるだけで克服できました。

しかしながら、

私がパニック障害以上に苦しんでいた強迫性障害や境界性人格障害の症状は運動やマインドフルネス瞑想の習慣で消失こそしましたが、

神経質という性格的気質は克服できませんでした。

しかしながら、その後の米国有名大学医療実験に参加したのを機に、
神経質という気質自体までも克服することができるようになった所存です。

これは本当に僥倖で嬉しいことでありました。

 

パニック障害で自殺する必要はまずない

 

そういった経緯より、
パニック障害やパニック発作で今現在苦しい人、自殺を考えている人も
自殺する必要はまずないと思います。
このことは私が他のブログでもいっていることですが、私は偽善者のように
自殺ダメ絶対みたいな固い思考はしません。

どうしようにもない状況に追い込まれて
自殺を貫徹する人も存在しますし、それほどまでに悲惨な状況に
陥っている人も存在します。(たとえば筋ジストロフィーの閉じ込め症候群になっている人などです)

パニック障害は自力で克服できる

 

そういう理由から自殺は推奨は決してしませんが、
すべてやるべきこと—ここではパニック障害を自力で克服するすべてのことを
実践してからの方が良いかと思います。
これは私の営業トークも幾分含めてあるのは確かですが、
パニック障害はまず克服できるはずだからです。
それどころか神経症的な気質的問題も解決できるはずです。

ですので、パニック障害で自殺を考える必要はなく、
私の当ブログもしくは他ブログやYouTubeをまずは見られる手見ることをお勧めします。
皆様の一日も早いご回復をお祈りいたします。

敬具
沖仁宏

(パニック障害を自力で克服) 【←トップページへ戻る】