パニック障害を克服した芸能人(最新版)

パニック障害を克服した芸能人(最新版)

ここではパニック障害を克服した芸能人や有名人について述べていきます。既にパニック障害を克服した芸能人の人たちです。主にハリウッド俳優、女優、有名人について書いています。私は日本の芸能界には疎(うと)いので、海外の有名人、芸能人たちをここで主に紹介します。

1. バズオルドリン

パニック障害を克服した有名人としてバズオルドリンは有名です。NASAの宇宙飛行士で、月面着陸に成功し、月面歩行を成功させた。実際、月を撃ち落とすことができるといっていいほどの(Dead Eye゠狙った獲物は必ず落とす)、自信家でそして万能、スーパーエリートで完全無欠な人生を歩んできたのですが、パニック障害やうつ病からは逃れることはできませんでした。彼の精神疾患の原因は、主に対人関係が苦手であるにもかかわらず、集団生活をNASAに強制されていたことに依存すると言います。その後、彼は自分がパニック障害であるということを受け入れ、それをファンや周囲の人間に公言することが契機になり、周囲の必要な助けや助力を獲得することができ、パニック障害を克服したといいます。

2.ライオネル・アドリッグ

ライオネル・アドリッグは、グリーンベイパッカーズの守備陣として、2つのスーパーボウルでプレーし、パニック障害や統合失調症を発症した1970年代まで、驚異的な成功を収めていました。しかしながら、パニック障害にり患したせいで、彼は2年以上もの長きにわたって路上生活者(ホームレス)としての過酷な生活を強いられることになりました。過日、彼はある人から助けを得て、残りの人生を、パニック障害のような精神疾患で苦しめられている人々に助力や助言を与えるボランティアとして、いち有名人として彼らを勇気づける活動をしているようです。

3.ロザンヌ・バール

ロザンヌ・バールは間違いなく、陽気で社交的でウィットに富んだ人間であるが、ロザンヌは実はパニック障害を抱えていました。
彼女が陽気で社交的に見えたのは実は、投薬を受けていたことにも半分由来するのかもしれません。実際問題、パニック障害の芸能人として彼女が人々を笑顔にし続けることができるようになるのに、投薬治療のお陰であるとも言え、同時にそれがパニック障害の克服の契機として役立っていると本人が自ら過日、語っています。

4.テリー・ブラッドショー

テリー・ブラッドショーは元アメフト選手でスティーラーズのクォーターバックでしたが、何年も後にパニック障害であると医師から実際に診断されました。 90年代、彼は抗うつ薬の服用を開始し、再び過去の精神的に健全で元気であった頃の自分自身に戻ることに成功したといっています。

5. アール・キャンベル

プロフットボール選手およびビジネスオーナーとして有名な芸能人、有名人・・・・・・そう誰もが彼を成功者として連想します。そういうわけで、キャンベルが深刻なパニック障害によって苦しんでいたとは誰も想像しなかったに違いありません。彼はこのパニック障害との闘いを、ドキュメンタリー「アール・キャンベル・ストーリー:パニック障害とのサッカー・グレートにおける戦い」の中で、投薬治療によってそれをどのようにして、克服してきたのかについての詳細を語りました。

6.ドリュー・ケアリー

彼のパニック障害は、彼が30歳になる前に二度自殺しようとしたとき発症しました。パニック障害によってドリューのキャリア生活は、ほぼ終わろうとしていたと本人が当時を振り返り語っています。しかしながら、その後彼は自分自身の努力でパニック障害やうつ病を克服することができました。

7.キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

キャサリン・ゼタ・ジョーンズはパニック障害および双極性障害と長い間闘争してきましたが、彼女は彼女自身の人生を制御できるように、克服できるように、パニック発作の予期不安に負けないように、懸命に働いています。彼女は精神保健施設で実際に投薬治療を受け、その後紆余曲折を経て、パニック障害や双極性障害を克服し、人生を飛躍させたそうです。彼女はセレブ中のセレブで、世界的な有名人でありますので、そのエピソードは多くの人々を勇気づけているといえるでしょう。

8.ブルック・シールズ

ブルック・シールズは、パニック障害を第一子の出産直後に発症しました。多くの母親にとって、妊娠後、産後うつ病に苦しむことは少なくないのですが(産後うつ病もしくは育児ノイローゼ)、実際のところ、それを認めることはとても恥ずかしいことであり、同時に勇気の要することです。芸能人としてそれを公表するのはさらにキツイことだと思われます。
しかしながら、ブルック・シールズはその後、抗うつ薬を手に入れ治療し、困難な時期(゠パニック障害、うつ病)を乗り越えたといいます。

9.キャリー・フィッシャー

キャリー・フィッシャーは映画「スターウォーズ」のレイア姫を演じたハリウッド女優(芸能人)です。彼女ほどの有名人がパニック障害で苦しんでいたということはほとんど知られていないでしょう。彼女はパニック障害と双極性障害からくる極端な気分の変動によって、フィッシャーの人生は過酷な選択を強いられることになったといいます。
1997年に彼女は精神疾患の発症を経験し、それをおおやけで発表し、心の病気克服のために投薬治療と周囲の人間からの必要な援助(サポート)を得ました。今では、パニック障害をはじめとする精神疾患は克服したと話されています。

10.エマ・トムソン

女優として演技をすることが彼女のパニック障害の最も苦しい時期に、症状の軽減に役立ったと彼女自身が語っています。(゠彼女はハリウッド女優)結局、パニック発作を抱えていても、ハリウッド女優として、仕事をしに外に出かけなければいけかったそうです。女優としての仕事があるので、いつまでもベッドの中に引きこもっているわけにはいかなかったといいます。それが彼女のパニック障害を重症化させない良習慣になっていたようです。
また、エマ・トムソンは演技をすることがパニック障害の症状を抑える助けになっているという事実に気づき、それ以降彼女はその演技力を活かし、演技中その間は全く違う他の誰か(並外れた演技力があるため違う性格を装うことが彼女にはできた。)になることによって、パニック障害という病魔から逃れるのに、それを活用しました。
こうして、人生の暗礁(あんしょう)を乗り切り、今ではパニック障害は克服できたといっています。

11.ハーシェル・ウォーカー

NFLのプレーヤーであるハーシェル・ウォーカーは長年にわたり、パニック障害および解離性同一性障害に苦しめられてきました。彼の場合、きちんとした精神科医による治療を受けいれることによって、パニック障害や解離性同一性障害を克服することが可能になったという。

12. ポーラ・ディーン

我々は皆、彼女のこの幸せそうで明るく社交的な性格を愛していますが、ポーラディーンは、ひとたび表舞台から降りると、その晴れやかで社交的な性格を曇らせ、パニック障害やうつ病で苦しんでいたのだといいます。彼女は父親の死を契機として、パニック発作を起こし始めました。過換気症候群が出てきたせいで、紙袋を手放せなくなってしまったそうです。しかしながら、それから20年後には精神科医の助けも一切借りずに、彼女自身の独力でパニック障害を克服することができたという。パニック障害を克服した有名人、芸能人として海外では彼女は良く知られています。

13. エルトン・ジョン

物質乱用(ドラッグ依存)と過食症は、エルトン・ジョンの人生の幾年にもおよぶ間、そして彼が周囲に理解と援助を求める勇気を得るまでの間、何年もの長きにあたって彼自身を苦しめ続け、その症状はそれまで持続していたとエルトンは語っています。しかしながら、最終的に、パニック障害の治療が功を為し、彼はパニック発作や不快な感情に左右されることなく、より冷静に、より怜悧(れいり)になり、精神的な健康を回復することに成功したのだという。
後に、同性愛者であることをカミングアウトするほどの勇気も得ることができました。

14.ビリー・ジョエル

ビリー・ジョエルは長年にわたりパニック障害に支配されて生きてきたといいます。パニック障害は彼の生活の一部であると、いっていいほど彼の人生はそれに翻弄(ほんろう)されたものであったそうです。一時、彼自身、パニック障害やうつ病の深淵(しんえん)にはまり、自殺をしようとしたことすらありました。また、アルコールで自暴自棄になり、無理やり心を落ち着かせようとしたりしましが、それは逆効果で思惑とあいまって、彼自身、余計酷いうつ状態に投げ込まれることになったそうです。要するにビリー・ジョエルはパニック障害からくるアルコール依存症に陥ったのだといえます。結局、彼がパニック障害を克服するには、精神科医による投薬と治療が不可欠だったと過日、語っています。

15.マイク・タイソン

プロボクサーとして、マイクタイソンは、パニック障害や躁うつ病に見舞われました。彼自身、後年、発刊した人生録(ドキュメンタリー書籍)によると、実はタイソンは凶暴な外見とは裏腹に性格的には神経質(ナイーブ)で、脆さがあったと語っています。それから、現役時代リングに上がる前には必ず、コカインを常用していたといいます。なお、今現在ではコカイン依存症を克服し、パニック障害からくる強烈な衝動、情動反応をコントロールするために抗うつ薬:SSRI(新世代型セロトニン再取り込み阻害薬):ジェイゾロフトの服用で落ち着いたといいます。

16.アンジェリーナ・ジョリー

アンジェリーナ・ジョリーのパニック障害が始まったのは、彼女の両親が離婚に踏み切ったためだと言われています。実際、彼女自身そのことを表ざたにすることを世界的な芸能人として長年拒んでいました。十代の若者として、彼女はパニック障害やうつ病、境界性人格障害を彷彿とさせるリストカットのような自傷行為を行い、同時に自殺念慮に苦しんでいたそうです。彼女のケースにおいては、ハリウッド女優として新しい人生に適応した折、彼女自身の抱えていたパニック障害は見事、寛解し、それを克服することができたといいます。映画「Girl Interrupted」で精神病棟入院の精神疾患患者をウィノナ・ライダー(実生活においても境界性人格障害ではないかと疑いをかけられている)とともに彼女は演じましたが、実際アンジェリーナには精神疾患に苦しんでいた時期が存在した。余談ですが、ハリウッド映画の役者選びは、単にルックスがいいだけという選別法ではなく、本格的なものであるといわれています。

17.リンダ・ハミルトン

パニック障害であると、若いころに精神科医から診断されたのは、映画「ターミネーター」でサラ・コナー役を演じたハリウッド女優、リンダ・ハミルトンです。彼女は薬物療法を受けることでパニック障害を克服しました。薬物療法を受けたことで、彼女は生き生きとした幸せな生活を送るのに役立っていると彼女自身が語っています。
彼女は残りの人生を、薬物療法で生き抜く決意を持ち、今は幸せな毎日を送ってると言います。

18.ジミー・ピエサル

ジミー・ピエサルはボストン・レッドソックスのプロ野球選手として、パニック障害があるということを受け入れなければならなかったそうで、それはスポーツ選手としても一個人としても当時の精神疾患を受け入れない社会的風潮を考慮すればそれは極めて困難なことでした。しかしながら、その後、薬物療法を適切に受け入れることでパニック障害を克服したといいます。

【パニック障害を克服した芸能人について】

パニック障害を克服した芸能人について、ここまで海外の記事を参照しながら、自分で書いてみて思ったのですが、この中の数人は、売名が混じっていると思います。
何故かというと、ほとんどが薬物療法すなわち抗うつ薬、抗不安薬の投薬治療によって克服した・・・・・・という流れで終わっているからです。
ここには意図的なものを私はかなり感じました。

要するに、「芸能人も薬を飲んで克服したんだから、あなたも今すぐ精神科へ行って薬を飲みなさい」という目論見、バイアスが存在することが私には伝わってきます。
ただし、本当に苦しんできた有名人の方もいるので、誰がどうであるかとかといった詳細については、ここでは議論しませんし、私にはわかりません。

参考サイト:
パニック障害の芸能人(一覧)

(まとめ)

パニック障害は芸能人に多いと言われている心の病気です。
しかしながら、克服した芸能人の方も少なくないようです。
よって、希望を捨てずにいることがとても大切なことといえるでしょう。

パニック障害を克服【最新版】 (←HPトップへ戻る)
(最終更新:2017/12/09)