パニック障害を自力で克服(全記事一覧)

パニック障害を自力で克服(全記事一覧)


(このブログの目次:)
パニック障害を克服
パニック障害を運動で克服【最新版】
パニック障害を薬物療法で克服
パニック障害を呼吸法で克服できる?
パニック障害をマインドフルネス瞑想で克服
ジャグリング(お手玉)でパニック障害を克服する方法 (NEW!)
パニック障害を森田療法で克服できるのか?
パニック障害を自力で克服
私のパニック障害克服体験談
パニック障害の克服のきっかけ【重要】
パニック障害を克服した芸能人(最新版)
パニック障害で自殺?
パニック障害を考え方を変えるだけで克服できない
パニック障害を克服するのにかかる期間
パニック障害の重症度チェック
パニック障害を催眠療法で克服できる?
パニック障害の克服に断食は有効か?
パニック障害を食べ物で克服【最新版】
パニック障害は少食にすると改善する
パニック障害にタバコは本当に良くないのか?
パニック障害を心理カウンセリングで克服できるのか?
姉妹サイト
パニック障害を克服【よくある質問】
パニック障害をヨガで克服
パニック障害と電車【対策】
パニック障害の人が飛行機を克服する対策
パニック障害は天才か?【最新版】


はじめに

このブログの概要:

このブログではパニック障害を自力で克服するのに、最も重要なことを簡潔に述べています。パニック障害にしても他の精神疾患にしても
そうですが、結局、自分の問題は自分で解決するしかありません。逆に、その自覚がある人ではパニック障害の克服はより容易になっていくことでしょう。

 

 なぜなら、哀しいことなのですが、誰かを過度に当てにしたり、誰かのせいにしたりしても何も始まりません。(キツイ言葉に感じましたら申し訳ありません。)

人生というものは残念ながら、理不尽極まりないものだからです。

したがって、パニック障害を克服していくのにはこのような「自分を救うのは自分である」という心構えが極めて大切になってきます。依頼心を捨てる必要があるわけです。

パニック障害を克服するのは自分自身

ですから、「パニック障害を自分で克服しよう!」という強い心意気を持つ人は極めて正しいと私は思います。

何故かというと、
「自分を救うのは自分」であるという事実をよく理解されているからです。

そして、「パニック障害を克服するのだ!」という強い決意がある人は、実際に克服することができるでしょう。

「一念岩をも通す」
「雨垂れ岩をも穿つ」 ではありませんが、
「何としてでも!」という強い想いは目的の実現に欠かせません。

パニック障害を克服する方法論

このブログではパニック障害を克服するために大切な方法論についてできる限り、わかりやすい解説を加えています。

ですので、パニック障害を克服したい」と腹の底から願う方は当ブログ記事の内容を、今すぐできる範囲から実践されてみてください。

過去の私は、パニック障害の他に別の精神疾患を数々と患いました。
(動画の方でも語っていますが、むしろそちらの方が重症でした。)

 

心の病気の共通項

 結局、パニック障害とそれら感情系の心の病気は診断名こそ違えど、ほとんど同じものといっていいほど、実質的には親戚のようなものに過ぎないからです。

要するにパニック障害は、他の神経症や心の病気(診断名は異なる)と併発することが大変に多いわけです。

 ある医師から「パニック障害」といわれたが、他の別の医師からは「うつ病」といわれた、また違う医師からは「全般性不安障害」といわれた・・・・・・
といったようなことが、基本的に医師を受診するほど診断名が増加していくという不可解な現象が、この分野では多発しています。

診断名はあまり重要ではない

そこらへんのことをさらに掘り下げた詳しい解説は私のYouTubeチャンネルや当ブログ「パニック障害を克服【最新版】」や私の他のブログの方にも詳しい解説がありますので、そちらも参照いただければと思います。

パニック障害も全般性不安障害も強迫性障害もうつ病もほとんど類縁の親戚のような心の病気の一種です。

したがって、別段、診断名自体に大きな意味があるというわけでは全くもってないわけです。また、診断名は患者を受け持った医師の主観によって判断されるものであり、実はそれに科学的な根拠は一切存在しません。

そのため、精神医療では別のクリニックを受診するたびに、診断名が次々と増えていくというおかしな現象が多々散見されるわけです。

パニック障害を克服するためのエッセンス

パニック障害を克服するの必要なエッセンス(重要事項)は、

⓵運動の習慣をきちんとつけること
②マインドフルネス瞑想の習慣をつけること
③食事にも気を付けること
④社会的な孤立をなるべく避けること(対人関係を良好なモノにする)
⑤どうにもならない場合は、薬を飲んでリラックスする(薬を飲むことに引け目を持たない)
⑥決して焦らずリラックスすることを心がける

などが主なモノです。

こういった事項をすべて総合的に同時進行的にカバーしていくことが
パニック障害の克服に効きます。

しかしながら、いきなりあれもこれもそれもこれも実行することは
正直難しいとは思いますので、徐々に徐々に無理のない範囲から、最終的にはこれら一連の事項を、※すべて同時進行で実践できるようになると良いのです。
(※⑤は状況によります。)


(このブログの目次:)
パニック障害を克服
パニック障害を運動で克服【最新版】
パニック障害を薬物療法で克服
パニック障害を呼吸法で克服できる?
パニック障害をマインドフルネス瞑想で克服
パニック障害を森田療法で克服できるのか?
パニック障害を自力で克服
私のパニック障害克服体験談
パニック障害の克服のきっかけ【重要】
パニック障害を克服した芸能人(最新版)
パニック障害で自殺?
パニック障害を考え方を変えるだけで克服できない
パニック障害を克服するのにかかる期間
パニック障害の重症度チェック
パニック障害を催眠療法で克服できる?
パニック障害の克服に断食は有効か?
パニック障害を食べ物で克服【最新版】
パニック障害は少食にすると改善する
パニック障害にタバコは本当に良くないのか?
パニック障害を心理カウンセリングで克服できるのか?
姉妹サイト
パニック障害を克服【よくある質問】
パニック障害をヨガで克服
パニック障害と電車【対策】
パニック障害の人が飛行機を克服する対策
パニック障害は天才か?【最新版】


敬具
沖仁宏

(参照サイト(※英語):)
https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/panic-attacks/symptoms-causes/syc-20376021
https://www.nhs.uk/Conditions/stress-anxiety-depression/Pages/understanding-panic-attacks.aspx

https://www.health.harvard.edu/diseases-and-conditions/panic-disorders-
https://en.wikipedia.org/wiki/Panic_attack
https://www.psychologytoday.com/blog/anxiety-zen/201411/taking-control-panic-attacks

(最終更新:2018/12/08)

ジャグリング(お手玉)でパニック障害を克服する方法:

パニック障害の克服にジャグリング(お手玉)は有効です。なぜ、ジャグリングが有効なのかというと、ジャグリングのようなマルチタスクは脳の認知機能を鍛え、強化するからです。

ジャグリングをする人の脳の状態:

ジャグリングをしていると脳が非常に活性化された状態になります。まず、ジャグリングをしていると、認知機能を司る前頭葉が活性化します。

それから、空間認識に関わる頭頂葉、バランス感覚や微細な動作に関わる小脳が順次活性化されていきます。[1][2]

MIT(マサツセッチュ工科大学)の学生では、認知機能強化やIQ向上の目的でジャグリングをしている人は多いです。私の友人は海外の名門大学で数学を教えているのですが、彼に私がジャグリングをやるという話をすると、「え、すごいね。結構、数学者でジャグリングやっている人って多いよ。」と言っていました。

ジャグリングはワーキングメモリを鍛える

ジャグリングはワーキングメモリと前頭葉の機能を鍛えます。ワーキングメモリが鍛えられると、感情や衝動のコントロール能力が向上するので、パニック障害特有の予期不安のような雑念から離れ、「今ここ」に容易に集中できるようになります。

要するに、ジャグリングを行うと、ワーキングメモリが鍛えられるので、集中力が高まりそれに伴い不安や悩みに捉われづらくなるという話です。パニック障害の人ではこのワーキングメモリの容量がストレスによって低下してしまっていることが知られています。
[3]

集中力が感情をコントロールする力である!

集中力とは感情コントロールする力のことです。このことはあまり知られていなことなのですが、実は集中力と感情コントロール力は比例関係にあります。たとえば、人前で高度なパフォーマンスを平気でできる人がいます。このような人は、断じて集中力が高い。

逆に、そのような舞台で、あがってしまったり、パニックになってしまう人は集中力が低い傾向にあります。だから、パニックにならないようにするには集中力を鍛える訓練を行うと良いのです。

その一法にジャグリングはなりえます。

そもそも考えごとをしながらジャグリングなどできません。扱うボールの数が増えれば増えるほどそうです。

たとえば、5ボールカスケードをやりながら、過去の嫌な出来事を思い起こすような人はいないのです。

ジャグリングは一種のマインドフルネス瞑想である

つまり、ざっくり言えば、ジャグリングは一種のマインドフルネス瞑想であるとも言えます。マインドフルネス瞑想がパニック障害の克服に効果的なのは以下の記事を参照ください。

マインドフルネス瞑想の定義とは、何か一つのことに注意を集中するということです。


↑ジャグリングを行っていると脳が鍛えられる

パニック障害の克服に効果的なジャグリングの方法(まとめ):

3ボールカスケード:

練習方法:

3ボールカスケードは普通に3ボールで練習するだけです。練習を継続すればすぐにできるようになると思います。

4ボールファウンテン:

4ボールファウンテンは、見かけは難しそうですが実は簡単です。

練習方法:

片手だけでの2つボールの回し投げを左手、右手ともに徹底的に練習します。そうすると4ボールファウンテンの習得はすぐです。

5ボールカスケード:

練習方法:

5ボールカスケードあたりから本格的なジャグリングになってきます。要するに難しくなってきます。

練習のコツは、まずは3ボールフラッシュを徹底して練習することです。
3ボールフラッシュは5ボールカスケードと動作や投げるボールの高さがほとんど同じで、3ボールフラッシュが完璧にできるようになれば、5ボールカスケードも簡単に習得できるようになるといえるほど。

3ボールフラッシュ:

3ボールフラッシュを徹底して練習すれば5ボールカスケードの習得もかなり間近だといえます。
3ボールフラッシュの習得はフラッシュの動作を連続で安定してできるまで繰り返すのがコツです。

ジャグリングでも高度な技能が求められるほど脳は強化されます。

過去の私のジャグリング技能について:

過去の私は5ボールカスケードまでできました。これがパニック障害の克服において他の方法に交えて、効果的であったと思います。ジャグリングというと「難しい」、「できる人は天才か超人だ!」のように一般に考えられがちですが、これは正直慣れで克服できる問題です。

たしか過去の私の実演動画は保存してあったので、後々公開したいと思います。

まとめ:

パニック障害の克服にジャグリングのようなマルチタスクを要求される運動は有効です。その理由は、脳の認知機能を強化し、特に集中力を高めるからです。

他の主要な克服方法については下記の記事を参照ください。

パニック障害を自力で克服 (☜ブログ記事一覧へ戻る)

(参考文献:)※英語
[1]You Can Grow Your Brain
[2]Juggling revisited — A voxel–based morphometry study with expert jugglers
[3]The complex interaction between anxiety and cognition: insight from spatial and verbal working memory