自分と違う性質の人と付き合う【パニック障害を克服する戦術①】

パニック障害を自分で克服したい場合、同じような境遇、状態の人とかかわらない方がいいです。
自分と真逆の人とばかり付き合うようにします。

病人は病人と付き合いたがります。
ヤンキーはヤンキーと付き合いたがります。

それがいけない。
病人は健康人と付き合うべきであり、
ヤンキーは秀才と付き合うべきです。

自分と同じような人と付き合っていては進歩は殆どありません。

自分と異質な人間と付き合うと突破口となるインスピレーションが自然と出てきます。
過去の私が海外で全くの異言語間、異文化間で生活していたのは、この目的がありました。

 

 

この記事は書きかけです。
逐次時間のある時に追記して参ります。

 

パニック障害を自力で克服 (←ブログ記事一覧へ)