強迫性障害を克服(概説)

強迫性障害を克服(概説)

このサイトでは、強迫性障害を克服する方法について簡単にまとめて書いてあります。結論を先に書いたのですが、一般に強迫性障害を克服することは非常に難しいとされています。しかし、これは完全に間違いです。注釈を加えますと、確かに簡単なことではないのではないのですが、「不可能である」ということは決してありません。

要するに、正しい方法にのっとっていくことで、その克服のプロセスに要する期間を最小限にしていくことが可能になって行くという話です。


(-このサイトの目次-)
強迫性障害を自力で克服するのに大切なこと
強迫性障害を強迫観念を無視して克服する?
強迫性障害を運動で克服【まとめ】】
強迫性障害を克服する考え方【まとめ】
強迫性障害の克服のきっかけ【最新版】
私の強迫性障害の克服体験談
強迫性障害の加害強迫を克服
強迫性障害を克服するのにかかる期間【最新版】
強迫性障害を克服した人の世界観
強迫性障害克服における認知行動療法の位置づけ
強迫性障害と不登校【重要】
強迫性障害を克服するのに重要な心構え
強迫性障害の種類【巻き込み型と自己完結型】
強迫性障害と対人恐怖症

以下の強迫性障害の克服法は、ほぼすべて間違いです。

強迫性障害は精神療法だとか心理療法でどうにかなる問題ではなく、考え方や性格の問題では一切ないからです。脳の機能障害の存在について把握していくことが、強迫性障害の克服の大一歩です

間違った強迫性障害の克服法(一覧)【総概説】

→強迫性障害を克服するのに強迫観念を無視する

強迫性障害の人に生じている強迫観念は「ある考えに頭が尋常ではないほど捉われる現象」を指して言います。よく暴露反応療法や認知行動療法の専門家は、「強迫観念は無視すればいい」といっている人が存在しますが、「強迫性障害を克服するのに、強迫観念を無視すればいいという方法は完全に間違い」です。

何故かというと、強迫観念は脳が作り出した生理現象だからです。

生理現象とは何かというと、暑くなったら汗をかく、運動をしたら心拍数があがるというホメオスタシス(恒常性維持機能)のことを指します。強迫性障害を克服するのに、「強迫観念を無視しろ!」という話は、上の例になぞらえて話すと、「体が暑くなっても汗をかくな!」といっているのと同じ話です。

体が暑くなったら汗をかくのは正常です。強迫観念が生じるのも自然なことです。よって、それを無視することは、かなりの無理を心身に強いることになるわけです。

強迫観念を意図的に無視しようとしていると、それは心理学的に言うと、「抑圧」という異常心理状態を産み出し、当事者の心身に過度なストレスを与えることになりかねません。

このことは、「宝箱を開けるな!」と言われると逆に宝箱が気になり、開けたくなってしまうという心理と同じです。

同様に「強迫観念を無視しろ!」といわれると、むしろ「強迫性障害の強迫観念が余計、気になるようになってしまう」わけです。強迫観念は生理現象のわけですから、無視することはできませんし、無視しようと試みることはかなり不自然なことです。

そして、自然と強迫観念が消失していく方法をとることが文字通り自然です。

→強迫性障害を克服するのに性格や認知を正さなければいけない

この方法は巷の精神論者が説きたがります。性格や認知を産み出しているのは脳の機能です。

つまり、強迫障害的な完璧主義、潔癖主義な性格を産み出しているのは当事者の脳の機能です。これは先天的な生まれついたものが大きく、強迫性障害の遺伝率は高いことがよく知られています。

当然、遺伝的な問題がここに絡んでくるわけで、性格や認知を正したり、根性を叩き直せば強迫性障害が治るという話はかなり無茶苦茶な話になります。

暗いネガティブで内向的な人に、「明るいポジティブで外交的な性格になれ!」といっても、無理です。

無理やり明るく振舞ってみたところで、空回りしますし、最終的には必ずボロが出ます。要するに、強迫性障害の克服に性格を正さなければいけないという話は一切関係がないということです。

→強迫性障害を克服するのに認知行動療法や心理カウンセリングは有効である

完全に無効であるとは言いませんが、これらの方法論はあくまでも強迫性障害の克服において補助、サポート的な意味合いを持ち、根治させるいわゆる根本的な克服法ではありません。

強迫性障害は脳の機能障害であるから当然の話で、これは私の他のブログやサイトなどに詳細がありますので、そちらを参照されてください。

→強迫性障害を克服するのにカルマを解いたりインナーチャイルドを癒さなければいけない

これもまた、よく言われる話なのですが、強迫性障害に前世のカルマやインナーチャイルドは関係がありません。

そういうことを言う人にはアルコールや薬を飲むと、強迫観念がなくなったり、弱まったりするのは、
「アルコールを飲むことで、前世のカルマが解消されたのか?」
「酒でインナーチャイルドが癒されたのか?」
と、いってあげたい。

→強迫性障害は暴露反応療法で克服できる

暴露反応療法や森田療法は強迫性障害の克服に多少は役に立つ程度で、中度以上の本格的な強迫性障害の症状に対しては根本的な解決にはならない場合がほとんどです。

「脳が先でその結果、行動が生まれる」のであって、
「行動を変えた結果、脳の機能にそれが影響を与えることはない」
、というのがまず大前提の真実の話になります。

矛盾するのですが、後者の経路によって、多少は脳の機能に影響を与えられるのは事実です。
微笑みを無理にでも浮かべれば、脳は少しはリラックスします。

しかしながら、この後者の経路は弱すぎます。

逆に前者の経路は極めて強固です。そもそも、行動を改めたり、苦手な状況に暴露されることで、この障害が克服できるのであれば、既に当事者の方々は曲がりなりにも、その種の暴露的経験を積んでいるはずであるので、この障害を克服しているはずです。


脳→心(〇)–かなり強い経路・・・脳が心を生んでいるといってよい
心→脳(✖)–かなり脆弱な経路・・・微小な影響しか脳に与えることはできない

それが、未だに症状に苦しんでいるということは、暴露反応療法や森田療法では根本解決まではいかず、多少の改善を誘導する程度で終わるということを指します。

暴露反応療法や森田療法が全く無効な療法であるとはいえないので、この項目に含めるのはどうかと思いましたが、「根本解決を提供できない」という事実を考えれば、補助、多少の改善を与えるものだとはいえます。

しかし、「本質的な克服を寄与するものであるといえるほど効果的なものではない」ということを考慮して、このリストに追加しました。

✔強迫性障害を克服するのに有効なモノ(一覧)

①運動(有酸素運動、筋トレ)

→運動の習慣をつけることで、脳内のBDNFが増えるので、「強迫性障害脳」から脱却しやすくなり、また、運動をしていると強迫観念も忘れやすくなり、しかも疲れるとエネルギー自体が欠乏してくるので、思考自体しづらくなります。

運動をすることで、強迫性障害の患者の気分や症状が優位に改善されたという報告も国際論文で既に為されています。[1]
(参考:)
強迫性障害を運動で克服【まとめ】

②薬やサプリメントを用いた克服法

→薬やサプリメントを用いていくことで、強迫性障害の人の脳内で欠乏している神経伝達物質量をコントロールすることが可能で、この克服法をうまく用いることが強迫性障害の克服のカギとなります。

③マインドフルネス瞑想法

→症状が比較的軽い人の場合、マインドフルネス瞑想を行うことで、感情コントロールを司る前頭葉の機能が強化されるので、「強迫観念」という一種の感情を制御しやすくなります。

しかしながら、マインドフルネス瞑想は重度の強迫性障害の人には不適切だともいえるので、軽度の人のみ実行するようにすると良いのです。[2]

強迫性障害の克服には正しい方法を用いる必要があり、間違った方法を用いていると、いつになっても治らないということになり兼ねない。

強迫性障害の克服にはこの3つの方法が特に重要

この3種が強迫性障害の克服において、特に重要になります。これは同じ神経症の全般性不安障害やパニック障害などと基本的に同じスタンスの克服法になりえます。(これらのものは診断名が異なるだけでほとんど同じようなものであるといえるからです。)

強迫性障害は旧名:強迫神経症といわれ、生まれつき神経質な人に少なくないとされた心の病気でした。

しかしながら、日進月歩の脳科学の飛躍的進展によって、強迫性障害は脳の機能の問題であるということが明るみに出てくるようになりました。

一昔前は、性格や心は脳の機能によって生み出されているという事実が知られていませんでしたが、脳科学の進展によって、この事実が判明したわけです。

強迫性障害では眼窩前頭皮質の異常発火が見られる

強迫性障害の人の脳をfMRIで調べてみると、眼窩前頭皮質領域の異常発火が散見されるといわれています。[3]また、些細な刺激に対して、情動中枢といわれる扁桃体という脳の一部位が異常発火しやすいということも研究により報告されています。[4][5]

また、強迫性障害の人ではワーキングメモリ(別名:作業記憶)といわれるこれもまた、前頭前野の機能なのですが、ワーキングメモリの機能が低下していることが指摘されています。[6]
ワーキングメモリの機能が低下すると、思考の切り替え能力、感情の切り替え能力がそれに比例して低下するので、強迫観念により囚われやすい状態になりえます。

逆に、ワーキングメモリの機能が高ければ、強迫観念を上手に抑制できるので、特定のこだわりの対象にとらわれ悩み苦しむこともなくなっていくという話です。

「思考の切り替え能力」が低下することによってこその強迫観念なわけです。

こういった脳の機能異常が、強迫性障害の症状を引き起こしているわけで、強迫性障害を治すためには、脳の機能異常を修正していくのが先決で、最優先事項になります。

強迫性障害は脳の問題

このように、強迫性障害は性格の問題ではなく、脳の機能の問題であるということが現代科学によって明るみに出されています。

強迫性障害の克服は精神論や根性論で語ることはできるものではなく、純粋な脳の機能異常であるといえるわけです。

結論

要するに、強迫性障害を克服するには脳の問題を解決していくことが最重要になるわけです。そこに働きかけていく方法が正しい強迫性障害の克服法になります。

沖仁宏

【参照:】
[1]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19616916
[2]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18852623
[3]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23740050
[4]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15664794
[5]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3984443/
[6]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19081580

強迫性障害の加害強迫を克服

強迫性障害の加害強迫を克服

私の体験上、強迫性障害の中でも加害強迫はかなりキツイものでした。細菌恐怖や不潔恐怖も過去の私にはありましたが、加害強迫※ほどキツイものではありませんでした。(※加害恐怖ともいいます。)

加害強迫を克服していくためにはどうすればいいのでしょうか。今回は加害強迫の克服法について述べていきます。

加害強迫の内容は人によって異なる

強迫性障害における加害強迫とはこのままでは誰かを傷つけてしまうのではないか、傷つけてしまったのではないかという思考に四六時中頭が捉われている状態を指します。

たとえば、鋭利な刃物を持っている時(料理の時など)、これで誰かを傷つけてしまうのではないかなどという考えに捉われ続けたり、車の運転をしているときに、誰かを轢いてしまったのではないかという想念が湧き、それにとらわれ苦しみ続けるわけです。

バリエーションは山ほどあり、強迫性障害の人の数ほど加害強迫も存在するので、一概には言えませんが、基本的に誰かを傷つけてしまうのではないかという思考に捉われている状態を加害強迫といいます。

加害強迫を改善する克服法

・脳の機能が加害強迫を生んでいるという事実を常時確認する

これは他のページにも書いていることなのですが、加害強迫は「自分の脳の機能が産んでいる現象に過ぎない」と自分自身に言い聞かせることです。「自分の脳が強迫性障害脳の状態」に陥っているのだという事実を繰り返し繰り返し、何度も何度も、自分自身に言い聞かせるといい。頭の中で言語化して言い聞かせてもいいですし、紙に書いてそれを目で見て視認してもいい。

・有名人も加害強迫に苦しんでいるという事実を確認する

また、他の方法では、
「有名人でも加害強迫に苦しんでいる人は多い」のであるからと、強迫性障害に苦しむ有名人、芸能人、セレブなどに思いを馳せると気が楽になります。あの有名人ですら、加害強迫に苦しんでいるのだから・・・・・・と開き直ることもできるようになります。

人は他の誰かも同じことで苦しんでいるという事実を確認すると安心する心理構造を持っています。しかも、その相手が有名人であるとすればかなり気は楽になるでしょう。

あれほど有名で功績のある人物もしくは天才ですら強迫性障害で悩んでいた(る)のだと認識できるわけですから–。こういうときはむしろ開き直ってあの有名人と同じ病気だみたいに喜ばしいことではないですが、無理にでもそう思いこんだ方が、明るくなるのでよいでしょう。

・運動の習慣をつける

運動は強迫性障害の克服に効果的です。私のクライアントのひとりは、私が指導する運動の習慣をつけただけで、劇的に強迫性障害の症状が短期間で改善したと報告されました。

また、国際論文においても運動は強迫性障害の症状の克服にかなり効果的であることが科学的に認識も既になされています。
(参考:)
強迫性障害を運動で克服

・薬物療法

強迫性障害でも重度の場合、薬物療法が必須になってくる場合があります。コツは薬物療法だけを実行するのではなく、必ず運動療法と併用するということです。

まとめ

強迫性障害の加害強迫は最も苦しい強迫観念の一種だと私は思っています。過去の私が最も苦しんだのがこの加害強迫でした。

そして、強迫観念というのも移り変わっていき、あるときはある内容の加害強迫に苦しんでいたが、今度は違う内容の加害強迫に苦しむ、次はまた違う内容・・・・・・というプロセスの無限ループに入っていっていたことを記憶しています。

これは私の他のクライアントの方も同じ経験をしたと話していました。まず、いますぐできる克服の方法は、以上に話した事項です。

愚直に実行されればまず間違いなく改善されていくはずです。

強迫性障害を克服 (ホームへ戻る

強迫性障害克服における認知行動療法の位置づけ

強迫性障害の克服法として認知行動療法というものがあるんですけれどもこの認知行動療法というのは認知療法と行動療法をこの行動療法というのは別名で暴露療法という風にも言うのですけれども、認知行動療法とは、これら二つの両方を合わせた治療法になるわけなんですね。

強迫性障害に限った話ではなく、うつ病とか他のパニック障害ですとかそういった心の病気の治療法として、今現在精神医療の臨床でにおいて注目を集めている新しい治療法ではあるんです。

ところが、あまりこの効果が上がってないという話を国際論文でもそうですし、私のその直接対応しているクライアントの方からそういう話をよく耳にしたり目にしたりするんですね。

強迫性障害を克服するうえで認知行動療法の位置づけ

そういうわけで、基本的には結論を先にいますと強迫性障害を克服する上で認知行動療法というのは根本的なその解決にはならなくてあくまでもサポート補助そういった役割ですね。

そういった克服の方法という話その要素のように形容するのが最も正しいと私は感じています

過去の私の認知行動療法の体験談:

実際に私も認知行動療法というものをその認知行動療法だけに限らずにもその他その他もろもろの精神療法および心理療法というものを長年ずっと強迫性障害を克服する上で受けてきた経歴があるのですけれども、私にとっては、ほぼ効果がありませんでした。

それは、ほんの少しの気休め程度、あるいはサポート的な存在でしたね。

強迫性障害の克服の道程で認知行動療法はサポート的な位置づけ

自分とっては認知行動療法はその程度のもので、私だけの話ではなくて私のクライアントの方のお話とかを伺ってそういった情報を総括して参りますと、強迫性障害を克服する上でこの認知行動療法というのは、まずドラマチックな改善効果を示すようなものではなく、克服の道程において主役になるべき存在では一切ないという話になるわけです。

中にはその認知行動療法で「強迫性障害が治る」と昨今、言ってるような人とか結構色々いますが、実際は過剰評価されているわけです。

認知行動療法は過剰評価されている

あとはテレビとかでも認知行動療法が良い、暴露療法行動療法がいいというような話とかたくさんたくさんとは言わないかとは思いますけれども、最近、結構耳にしたり目にしたりするようになってきてるんですよね。

しかしながら実際問題、強迫性障害を克服する上でこの認知行動療法というのは本当に根本的な解決を提供できるような克服の方法では全くないというのが真実になるわけなんですね。

ここのところを勘違いしない方が、過去の私のように、遠回りをしないためにも克服する上で非常に大切だという風に私は感じている次第であります。

とにかく強迫性障害を克服する上で重要なのは強迫性障害の症状というのは脳の機能によって作られている、生み出されているということを腹の底から理解すること、認識することです。これが、全ての全てなんですね。

脳の機能によって強迫性障害の症状が生み出されてるって言う事で、認知療法と行動療法を併用してみても一定の成果しか上がらないわけです。(行動療法というのは暴露療法ともいいます。)

脳の機能が神経症という気質を直接的に生み出しているからです。

強迫性障害を克服する上で気質へメスを入れる必要がある

この認知行動療法では、いわゆる気質という部分まで、メスを入れる事というのはできないわけで、そういった中で認知行動療法を行って認知を修正する、あるいはその行動を修正するというのは一定のレベルまでしかできないっていうのが事実になるわけなんですね。

結局、その先、源流にあるのが脳の機能であるわけで、先天的な傾向として強迫性障害にかかっている方が抱えている遺伝的なその脳の機能傾向があり、これが大本の原因になっているわけです。

その遺伝傾向を認知行動療法とか認知療法あるいは行動療法を行うことによって改善していくというのはほぼ不可能という話になります。

認知行動療法が主役に決してなれない理由:

卑近な例を出すとわかりやすいです。

たとえば、白人が黒人に認知行動療法を行うことによってなるのかあるいは黒人が白人に認知行動療法を行うことによってなるのか、そういう物理的な変化が実際に起こるのかっていうふうに考えてみると、こういう卑近な例を出して考えてみるとそれは絶対に起こりえないことであると、誰もが理解される話になってくるかと思います。

結局、脳の機能というのも物理現象で神経が脳の神経がありましてその脳神経間におけるあれをそのま脳神経末梢にある受容体というのがあるんですけど、で、そこでは神経伝達物質がバンバンとんでいて、それを受容体がキャッチするっていうそういう神経伝達物質でのやりとりと、脳神経内での電気信号でのやり取りというのを行っているわけで、それによって我々の感情と言われものが生じているわけです。

その電気情報と化学情報でのやりとりを総合させた結果、先ほどお話しさせていただいた気質、性格というものが生まれてるわけなんですよ。

そして、脳神経間における情報伝達というものは、すべて物理的なものです。精神療法、心理療法の類で、ドラマチックな物理的変化を起こすことはできません。

脳の機能に介入する方法が根本的な克服法

そういうわけで、何よりまず先にあるのが脳の機能っていうことで認知行動療法はその脳の機能が強迫性障害の症状を産み出しているという事実をあまり着目できていないような治療法になるのであって、結果的に根本的なその強迫性障害の克服法にはなり得ないっていうことですね。

あくまでも一時的なサポート、補助というような位置づけになるわけでですね。今回は強迫性障害を克服する上で認知行動療法というものがどのような役割を果たすのかということについてお話しさせていただきました

まとめ

まとめますと、強迫性障害を克服する上で認知行動療法はサポートもしくは補助そのような役割を果たすということになるわけであります。認知行動療法だけで強迫性障害が克服できるということはまず可能性としてかなり低いというのが実情になります。

強迫性障害を克服【総概説】 (←ホームへ戻る)

強迫性障害の克服のきっかけ【最新版】

強迫性障害の克服のきっかけ【最新版】

強迫性障害の克服のきっかけは、自分で正しい克服法を実行するまでまず起こりえないと思います。要するに、「そのまま放置していても自然に治るものでは強迫性障害はまずない」ということです。

私が強迫性障害を克服したきっかけは正しい治療法を受けるようになったことにすべて起因します。

(参考:)
私の強迫性障害克服体験談

風邪のようなウィルス性疾患であれば、自然治癒がおき、その結果、そのまま何をするでもなく自然と病気は治っていきますが、強迫性障害は脳の遺伝的な問題であるため、そのまま放置していても自然と克服できるものではありません。

ごく軽症であれば些細な生活の変化が克服のきっかけになることがある

ごく軽症の強迫性障害であれば自然寛解はありえます。そのきっかけは、何か生活や人生上で自分にとって都合の良いこと、嬉しいことによって、という場合はありえます。たとえば、「宝くじの一等賞が当たった、理解のある彼氏、彼女ができた」とかそういうようなことです。

しかしながら、おおかたの強迫性障害の方の場合、極軽症という場合はそこまで多くはないようですので、克服のきっかけは自分の努力(正しい克服法を受けること、そしてそれを自分で実行すること)いかんにすべてかかっているという話に還元できます。

中度以上の場合は遺伝が濃厚

何か生活上、もしくは人生上嫌なことがあるから、多いから、強迫性障害になるというよりも、生まれつき強迫性障害になりやすい、もっと言えば「強迫性障害脳」を生まれつき持って生まれついているからこそ発症するわけです。

強迫性障害の方ではこのような人の場合が少なくありません。外見が親から遺伝するように、性格や気質(゠脳の機能傾向)も親から無論、遺伝するわけです。
(このことを認めることは過去の私は死ぬほどに嫌でした。)

当然、強迫性障害を抱えている人の親、親類には強迫性障害的な人もしくはこの神経症そのものを患っているという場合が非常に多く、一般に精神疾患の遺伝率は非常に高いということが医学的に知られています。


↑強迫性障害を抱える人ではその家族や親類に同障害を抱える人が多く、一卵性双生児の研究でも同様の結果が示唆されている。

要するに、脳の機能の傾向自体までもが遺伝するわけです。(よく考えてみれば当然の話ではあります。)

強迫性障害はそういう意味では遺伝病だということです。

遺伝子の宿痾に抗う

しかしながら、その克服は可能です。遺伝病であっても、生活習慣、適切な克服法を用いれば、特定のリスク遺伝子を眠らせることが可能になるというわけです。

昨今の遺伝子学でわかってきたことは、遺伝子は特定の生活習慣によって大きく左右されているというわけです。たとえば、女子重量挙げのメダリスト、三宅宏実選手は、父親が同競技メダリストであるということで、良質な重量挙げ遺伝子を受け継いでいるのは確実ですが、彼女自身、女性です。

女性は、男性よりも遺伝的に筋肉がつきづらい遺伝形質を有しています。

しかしながら、彼女は女性であるにもかかわらず、100㎏以上のバーベルを頭上に持ち上げています。日々の厳しい鍛錬が女性でも、より筋肉がつきやすい、筋力を発揮しやすい遺伝子スイッチをONにしたことを、主にこれは意味しているといえます。
(女性で100㎏を頭上にあげるというのは、超人的といえ、屈強な男性の肉体労働者、スポーツ選手でもやすやすとこれができる人はそうはいません。私はバーベル上げ、荷揚げの仕事をやっていた経験がありますが、肩までなら50、60㎏の重りがあがりましたが、それを頭上まで持ち上げられませんでした。)

このように不利な遺伝子を抱えていてもそれを克服することができるわけです。

克服への最初の一歩

そういう意味から、強迫性障害を克服するきっかけは生活習慣をすべて変えることから始まるといっても過言ではありません。過去の私自身、深刻な強迫性障害の症状がありましたが、今現在では不要な強迫観念はありません。

つまり、強迫性障害を完全に克服することに成功したわけです。

何の努力をしても消えることがなかった人生を支配していた強迫観念もろもろが、自然と消えるようになっていきました。これは奇跡的な変化といっても良いと感じています。

まとめ

強迫性障害を克服するきっかけは、正しい克服法を受け、生活習慣を変えることによって、ということができます。

一筋縄ではいかぬのは確かなことではありますが、強迫性障害の克服は難攻不落の城を落とすというほど難しいことではないのも同時に確かな話なので、この病気で苦しんでいる人は、簡単にはあきらめてはいけないということです。

正しい克服法が求められているわけです。

沖仁宏

強迫性障害を克服【概説】
(↑ホームへ戻る)

強迫性障害を克服する考え方【まとめ】

強迫性障害を克服する考え方【まとめ】

強迫性障害を克服するのに有効な考え方は、「脳の機能が症状を産んでいる」という事実を頭に入れて、それを自分自身に言い聞かせるという作業です。

そして、
「強迫性障害は自分の性格の問題ではないということ」、
「気が触れてしまったわけではないということ」、
「単純に脳の機能障害によって、わけのわからぬ強迫観念に取りつかれているのだということ」
を認識することが大切です。

強迫観念に捉われて苦しいときは、「この強迫観念は自分自身の脳が作り上げた現象に過ぎない」と言い聞かせるといいのです。これだけで、当事者の気持ちはすごく楽になります。

強迫性障害の克服に考え方はあまり関係しないが、緩和には間違いなくつながる

考え方は、脳の機能によって自動生成されているので、あまり強迫性障害の克服に関係は実はありません。しかしながら、以下、各々の恐怖の対象に沿った対策法を掲示します。以下の文言を自分に言い聞かせるようにすると効果的です。症状は緩和されていくはずです。このような自分への言い聞かせは、多少は考え方にも影響を与えることができるからです。また、問題を言語化することで、メタ認知※することにもつながります。

強迫性障害の加害恐怖を克服

・誰かを傷つけてしまうのではないか?

・むしろ傷つけてしまうのではないかと自己モニタリングできている人は他人を傷つけることはまずないから安心だ。

汚染恐怖を克服

・汚いものに触ったから、病気に感染したのではないか?

・昔の時代は今のように衛生管理は行き届いていなかった。にもかかわらず、ほとんど誰一人として、それでも病気などの感染率はそこまで高くなかった。だから、今ほど衛生が行き届いた時代に汚染恐怖などに悩む必要など一切ない。

そもそも人間の体自体が極めて不潔なモノなのだから、その人間である私がそんな不合理なことを考える必要は一切ない。

縁起恐怖を克服

・4という数字がつく部屋や席にいると不幸が起こりそうで気が気ではいられなくなる

・実際に、4という数字がつく部屋や席にいて、自分が想像するような不幸が起きた人はいない。むしろ幸せ、幸運が巡ってきている人の方が遥かに多い。縁起と不幸は直接的因果関係は一切なく、縁起の悪い数字、事物、モノを選んで逆に幸福を手にした人も山ほどいる。

不完全恐怖を克服

・ものを並べるときに左右対称でないと気が済まずに左右対称に並べる作業を1時間も2時間も続けてしまう

・そもそも自然界に完全な左右対称なモノは存在せず、多少の非対称性(アシンメトリー)がないと逆に不自然で不気味であるというのが事実である。つまり、「ゆらぎ」「多少の遊び」がないと不自然で逆に変だということ。

だから、ある程度こだわりもほどほどにしておこう!

疾病恐怖を克服

「最近、体の調子がすぐれないから病気にかかったのではないか?」

「病気にかかったのが心配なのはわかるが、本当に重い病気にかかっていれば、今頃、病院へ搬送されているわけで、今こうしてのんきに考え事ができるのは健康な証拠だ。本当に調子が悪いのであれば医者を受診すればいい。」

儀式強迫対策

「外出する際はガスの元締めを5回、家の鍵がかかっているかどうかの確認を5回は行わないと、外出できない」

「(もし、家がコンクリート建築の場合)火事など起きようがない。木造建築でもガスの元締めをしていて、鍵もきちんとかけてそれを十分に確認しているのだから、安心だ。」

各々のケースにあった対処を行う

このように、特定の強迫観念が起きたら自分自身に以上のような文言を言い聞かせるようにしていきます。こういった作業を続けていくと、強迫性障害の症状は多少は緩和していきます。考え方の修正で完全に克服できるということはまずありませんが、多少の緩和、改善にはつながっていきます。

したがって、このような自分への言い聞かせは、強迫性障害の克服において役に立つのは事実です。

強迫性障害を克服する最重要事項

そして、強迫性障害は脳の機能の問題であって、一切、自分自身の性格や心の問題ではないという冒頭で述べて最重要事項をどんな時も忘れないでください。このことを頭に入れているだけで強迫性障害の渦中にある人も気がだいぶ楽になっていくはずです。

実際に過去の私がそうでした。

強迫観念に強く捉われそうになったときは、「この考え、想念は自分の脳が作り上げて幻想にすぎない」と言い聞かせていました。そして、実際に効果があがっていました。

メタ認知※できていたのだと思います。

※自分の状態を客観的に理解すること

強迫性障害を考え方を変えて克服するというのはあくまでも気休め

ハッキリ言うと、強迫性障害は考え方の問題ではなく脳の問題なので、意図的に考え方を正すことで克服できるものでは一切ありません。

しかしながら、気休め程度の緩和にはなります。気休め程度の緩和でも当事者の苦しみを少しでもなくすことにはつながるので克服の道程において役には立ちます。

(結論)

強迫性障害を克服するのに役立つ考え方は「強迫性障害は脳の機能が産んでいる」という事実を認識すること1点のみ。

考え方の修正は、あくまでも緩和、改善程度にしかならないが、この事実を頭に入れることで、当事者の気持ちは大分楽になっていくのは確か。

強迫性障害を克服【総概説】 (←ホームへ戻る)