パニック障害の克服に断食は有効か?

パニック障害の克服に断食は有効か?

断食は確かにパニック障害に有効です。断食をすると脳内のセロトニンが増加し、アドレナリンは抑制されます。「パニック発作は、主にアドレナリンの過剰によって引き起こされている」と精神医学において定義されていますが、断食をするとアドレナリンは下がります。

断食をして怒る人はいない

たとえば、どんなに元気が良い人でも怒りやすい人でも、断食をしているさ中に、怒ったり暴れたりする人はいません。

断食をすると、感情はニュートラルになり、欲望や強い衝動も消えていくわけです。怒るのにもエネルギーが必要なのであって、断食をしてエネルギー不足の状態に生体がなっていれば、怒りようがないわけです。

パニック障害への断食の効果は一時的なモノ

しかしながら、この変化は一時的なモノで、永続するものではありません。そういう意味においては断食はパニック障害を克服するのに有効であるとはいえません。

断食をパニック障害を克服するために一生もしくは半永久的に、
週に何度も何度も繰り返すのは、現代人にはかなり非現実的な
話です。サラリーマン勤めをしていれば、付き合いもありますし、ストレス塗(まみ)れの社会生活に合わして、断食という苦行を継続するのはかなり無理がある話だと私は感じています。

私はもともと断食の専門家でもあり、数限りないほどの様々な形態の断食を実行してきたという来歴があります。

↑断食の効果は一時的なモノ

私の断食体験談

私の断食の体験談をここで述べますと、断食をすると、パニック障害やその他各種の神経症の症状は鎮静化しました。

最近明るくなった。」
「機嫌が良くなった。」

「小言をいわなくなった。」
と実際に家族に言われたほどでした。

たとえば、断食中はパニック発作や強迫観念にとらわれることもなくなり、吃音の症状も軽快しました。
この変化は断食をはじめて2日、3日程度で現れましたが、断食を中止するとまた元の状態に戻ってしまいました。

さらには断食は決して楽しいものではありません。

断食は楽しいものでは決してない

感情がニュートラルになるといっても、楽しい感じでは全くないですね。

知り合いの高僧の方も同じことを話されていました。
「私は数限りないほどの断食の経験を持っているが、
断食は決して楽しいものではないよね」と・・・・・・。

したがって、この状態をずっと長く継続するのは無理があり、パニック障害を克服するのにシビアに断食を用いていくのはかなり酷(こく)というものだと思います。

パニック障害の克服に断食を役立てるために

もし、パニック障害を克服するのに断食を役立てたいと考えるのであれば半断食をお勧めします。半断食とは朝昼を抜きにして、夕食だけ食べるという一日一食です。

一日一食にすると心は落ち着きやすくなります。現代人の情緒不安定の一つの大きな原因は、肉体労働をほとんどしていないにもかかわらず、カロリーの高いものを過剰に食べていることにあります。

エネルギーが過剰になると、
そのエネルギーは発散されるための発露を求めはじめるのですが、
このとき重労働といえるような肉体労働をしていないと、
「思考」「悩み」という形で、エネルギーが消費されていくわけです。

これが精神不安定の原因につながります。

ちなみに、江戸時代は一日2食でした。

よく食べるのであればよく運動しよう

要するに、沢山食べるのであればそれに比例して運動しないといけないという話になります。
運動していないのであれば、せいぜい2食で十分でしょう。3食食べるのであればきちんと運動をしないといけません。

(関連:)
パニック障害を運動で克服
パニック障害をヨガで克服
パニック障害をマインドフルネス瞑想で克服

(まとめ)

ちなみに、断食は自己流で実行すると危険です。特に長期のモノになればなるほどそうです。したがって、もしどうしてもやりたいのであれば、断食道場のようなところで専門家の管理下の元で実行すべきです。

もし自分で行いたい場合は、週数回、半断食程度に抑えておいた方がパニック障害の克服に有効です。

パニック障害を克服 (←トップへ戻る)

パニック障害にタバコは本当に良くないのか?

パニック障害にタバコは本当に良くないのか?

パニック障害にタバコは良くないとは一概にはいえませんが、タバコに含まれるニコチンはコーヒーに含まれるカフェインと同じような中枢神経系刺激剤なので、パニック障害の克服において、良いものであるとは確かにいえません。

しかしながら、そこまで神経質になる必要はないというのが私の見解です。

パニック障害の克服にタバコはそこまで悪くはない(私の感想)

タバコに含まれるニコチンの血中濃度半減期は約30分~60分と短く、コーヒーやコーラに含まれるカフェインとは比較になりません。カフェインの血中濃度半減期は2時間から10時間もあると言われています。

つまり、タバコはパニック障害の克服において、カフェイン飲料ほど警戒する存在ではないということができます。

しかしながら、タバコを吸うと、脳内の中枢神経が刺激されることで、結果的に、アドレナリンというパニック障害の原因物質のひとつが増加するので、パニック発作の惹起につながっていく可能性はありえます。

タバコを吸うと落ち着くという人も多い

しかしながら、パニック障害の人でタバコを吸うと落ち着くといっている人も少なからず存在するのも確かなようです。タバコを吸うと、脳内麻薬やそれに近い神経伝達物質が増加するので、そのような実感を受ける人も存在するのでしょう。

タバコはアドレナリンを増加させるが・・・

要するにタバコはアドレナリンを増加させ、パニック障害の症状を悪化させる嗜好品であるわけです。ただし、血中濃度半減期が短めであるためそこまで危惧視する必要はないと私は考えています。

そもそも嗜好品はストレス解消のために用いられます。

ストレス過剰の状態にあるのが、パニック障害の渦中にある人でありますから、ストレス解消目的で、適度にタバコを吸われることは逆にパニック障害を克服するうえで、ある面では良いことだと考えます。

タバコを吸っている人にパニック障害やうつ病は少ない印象

私は建築現場や大工のような土木作業の仕事を肉体鍛錬の目的でやったことがありますが、それらの現場で働いている人では、心身が健康な人が多く、みんながみんなといっていいほど、タバコを吸っていました。

しかしながら、パニック発作を訴えた人などひとりもいませんでした。

タバコがそこまで露骨にパニック障害の症状を悪化させるのであれば、これらの人々は既にこの病気に罹患していないとおかしいわけです。(パニック障害とまでいかなくても、うつ病だとかそういうより普遍的な心の病気に、です)

ところが、反対にむしろタバコを吸っている人の方が、元気で明るい人が多いという印象を受けているというのが実情です。私のヨーロッパの大勢の友達は、そのほぼすべてといっていいほど喫煙者でした。ドイツ人の女友達数人と海外の砂漠を車で縦断したことがありますが、彼女ら全員が喫煙者でした。

そして、心身共に健康で元気な人ばかりだったのを覚えています。

パニック障害の人でタバコを止めて悪化したという人もいる

余談ですが、タバコを止めたらパニック発作が逆に悪化したという話をよく耳にします。

ストレスがパニック障害の主な原因のわけで、そのストレス解消の嗜好品であったタバコがなくなったために、ストレス解消のはけ口がなくなり、そのせいで、そのような人では症状の悪化につながったのだと思います。

タバコがダメなら抗不安薬もダメという論理が成立しないとおかしい

パニック障害にタバコは良くない、喫煙はダメだ禁煙しないといけないという意見が目立つのですが、なぜか、パニック障害に抗不安薬を飲むのは良くない、ダメだという意見はほとんど目や耳にしません。

はたはた私はこのことが疑問でしようがないのですが、タバコがパニック障害によくないという理由は、

「タバコは一時的に精神をリラックスさせ、心を鎮静させる作用があるが、ニコチンが切れ始めるとイライラしだして、逆に精神が不安定になる」


というものがあります。

しかしながら、これは抗不安薬にも当然言える話です。
抗不安薬にも、

「一時的に心をリラックスさせ、精神を安定させる効果があるが、GABA増強効果が切れ始めると、逆に精神が不安定になり、パニック障害は悪化する」

という論理が当然成立するからです。

両者は全く同じ論理の元、成立していることがわかります。
で、あるならば、「タバコがパニック障害に良くない」とは一概には言えず、この見解だけでは、かなり片手落ちだと素直に私は感じます。

パニック障害の克服に抗不安薬でもタバコでも何でも用いるべき

これは私の考えに過ぎませんが、既に過剰なストレスがかかっているパニック障害の人は克服のための手段選びでいちいちあれこれ考えない方がいいと思います。

タバコはダメだ、砂糖はダメだ、コーヒーはいけない・・・・・・こういう話を聞いていると余計にパニック障害の人はストレスを抱え込むことになります。(健康な人でもあれもこれも禁止されるとノイローゼ気味になります。)

 

要するに、克服の道程においてタブーは厳禁だという話です。

他の記事でも説明している通り、人間は禁止されると逆にストレスがたまり、それが心理的抑圧を生み、さらなるストレスとなって当事者に襲い掛かることになるからです。

嗜好品は適度に用いるのであれば問題なし

私は、タバコにしてもアルコールにしても何にしても適度に嗜好品として使用する程度であれば一切問題ないと考えています。
私は海外で冤罪(えんざい)で拘置所送りにされたことがありますが(詳細は私の他のブログかYouTubeをご笑覧ください)、拘置所の中でのタバコは気絶するほどうまかったです。

ストレスまみれの人はタバコを吸うと落ち着く

楽しみも何もない絶望的な状況で、このような嗜好品は、メンタルヘルスの面において、かなり役に立ったわけです。

アルコールにしてもすべてそうです。

アウシュビッツ強制収容所に送られた経験を持つ精神科医、V・E・フランクルは強制収容所内での唯一の楽しみであり、生きる希望のひとつはアルコールであったと著述作品で述べています。

パニック障害の人は絶望的心境の人が少なくないわけですから、無理にタバコという楽しみを奪われてしまうのは逆の意味で、別のストレスを産み出すのではないかと私は素直に感じます。

パニック障害の克服にタバコを役立てる法

・一日一箱は吸い過ぎなので、せいぜい一日半箱程度までに抑える
・運動(有酸素運動)の習慣もきちんとつけたうえで喫煙する
・ストレスがたまったら一服する
・ニコチンが気になるようであれば、gloのような電子タバコに切り替える
・紙巻タバコではなく葉巻に切り替える
・タバコの喫煙以上にコーヒーのカフェインに注意する


こんなところで十分だと思っています。

あまり神経質になってあれもこれもそれもこれも何もかもダメと禁止されると大きなストレスを、もともとストレス過剰状態にあるパニック障害の渦中にある当事者に与えかねないからです。

私はタバコを吸うようになってから、※友人がすごく増えました。(※海外在住時)というよりもむしろ、喫煙所で友人のほとんどができたほどです。

タバコは社交ツールでもある

 

海外で駅舎やホステルでタバコを喫煙していると、
「どこから来たのか?」
「どこに行くのか?」
「Facebookで友達になろう!」
みたいな話に良くなり、そのことがきっかけで友達が増えたわけです。

ある意味タバコは、社交ツールの一面もあるわけで、過剰な摂取は中枢神経刺激剤としてパニック障害を悪化させる可能性はあるものの、適度なそれであれば、そこまで神経質に禁止する必要はそこまではないと思っています。

友達が多いということはそれだけで絶望的状況下に置かれた人の救いになります。ヒトは他人と一緒にいるだけで精神の安定に関わるセロトニンやオキシトシンが増加することが報告されています。

禁煙、禁煙とあまり潔癖にこだわり過ぎない方が良い

これはパニック障害でも神経症でも何でもそうなのですが、思考に柔軟性を持たせ、完全健康法を100%実行しようだとか考えない方が逆にいいわけです。タバコ、喫煙の例も同じ話になります。

一般に、タバコが健康やパニック障害によくないのは事実だが、人によってケースバイケースの一面もあり、ある人には害があるが、他のある人には有効であるというようなことはざらにあります。

タバコを長期間禁煙してみて逆に調子が悪くなる人は、タバコを吸った方が健康に良い人です。常識的には健康に良いと言われる生野菜食をしてみて体調が悪くなる人は、生野菜食(Vegan)があっていない人ということです。

このような柔軟な観点から、この問題を把握してみれば、一概にパニック障害にタバコはよくないという説は言えないと私は思います。

まとめ

パニック障害の克服にタバコは有害な場合もあるし、逆に有効な場合もあります。タバコは毒にも薬にもなるということが真実です。

人間は千人千様、百人百様なので喫煙が画一的にダメだとはいえません。

タバコが不健康法になる人もあれば、タバコが健康法になる人も存在するわけで、これは自分自身で試してみて、判断するしかないことで、巷で言われる学説を盲信するのはあまり良いことだと思えないというのが私の見解になります。

パニック障害を克服 (←ホームへ戻る)

パニック障害を克服

パニック障害を克服

パニック障害を克服するのは難しい話ではありません。(※正しい克服法を用いた場合)パニック障害は芸能人にも多いといわれ、世界各国、特に先進国において近年激増している精神疾患の一種です。(旧称:心臓神経症)

パニック障害の症状

主なパニック障害の症状は、急な動悸、過呼吸などのパニック発作が予測不可能の状態ではじまり、当人は電車の中やあるいは飛行機の中で、パニック発作に見舞われるのを恐れ、そのような密閉された環境を避けてしまう人が少なくありません。

このような症状を医学的には予期不安と呼称します。

他には、広場恐怖ですとか上述したような閉所恐怖などといった特定の恐怖症(不安障害)を合併している場合も少なくありません。このようにパニック障害とは不安障害の一種なのです。
(パニック障害は昔は神経症だとかノイローゼと呼ばれていました。)

パニック障害は本当に克服できる

しかしながら、パニック障害を克服できるものであります。

パニック障害を克服する場合と、その親戚とされる強迫性障害の克服の仕方は非常に似通っています。その理由は、パニック障害は感情コントロールに問題を抱えている脳の物理的な機能障害であり、性格や心の問題によって発症するものではないからであります。

パニック障害の人が、同時に強迫性障害を抱えることは少なくありません。

何故かというと、パニック発作の予期不安を強迫観念に頭がとらわれている」とみることが可能であるからです。
要するに「予期不安が執拗に生じること自体が強迫観念に囚われている」と見なすことも十分に可能
なのです。

(参考:)
姉妹サイト

したがって、この種の感情コントロール障害、不安障害(゠神経症)というものは、その多くが親戚関係のようなものが少なくないのです。
そして、その症状を産みだしているのは、純粋にあなた自身の脳(Brain)※です。(※当事者の方のみです。)

パニック障害を克服するには脳の機能を変えないとダメ

話が少し横にそれたので元に戻しますが、

要するにパニック障害を克服するには、脳機能レベルにおける介入法がその克服のために必要不可欠になるわけです。

パニック障害は脳機能の問題

したがって、パニック障害を克服するために心理カウンセリングを受けてみたり、インナーチャイルドセラピーを受けて、潜在意識(無意識)を癒してみても(実際に癒すことなどそもそもできませんが)未来永劫(えいごう)、克服しようがないものです。

無意識や潜在意識の知識はパニック障害を克服するのに必要ない

精神疾患というものは脳の病気であるので、「潜在意識の書き換え」とか「心の傷を癒す」とか、ほぼ関係ないです。(勘違いしている人が非常に多いのでここで誤謬(ごびゅう)を正しておきますが、過去の私もかくいうその種の精神世界にどっぷりつかった人間の一人でした。)

脳の機能をきちんと正していく治療法をとらないと、このパニック障害に限らず、社会不安障害も対人恐怖症も克服することはできないという話になるわけです。

パニック障害を克服するのに無効なモノ、有効なモノ(まとめ)

【パニック障害克服にほぼ無効なもの(※気休め含む)】

・心理カウンセリング
・インナーチャイルドセラピー
・前世療法
・催眠療法
・精神療法
・心理療法
・認知療法
・認知行動療法
・暴露反応療法(※ある程度まで効果あり)
・整体(カイロ、オステオパシーなど)

【パニック障害克服に有効なもの】

・森田療法(暴露療法も徹底的に継続すれば効果はある(※限界あり))
・サプリメント療法
・薬物療法
・運動療法
・マインドフルネス瞑想療法

という比較的簡単な構図になります。

心理カウンセリングやセラピーでは治らない

前者はごく軽症のパニック発作には多少効果がある場合がありますが、パニック障害を産み出している神経質な性格ですとか気質といった本質的な問題は、一切解決できません。

あくまでも「補助」や「気休め」、「サポート」として機能するものです。
(参考:)
パニック障害は心理カウンセリングで克服できるのか?

後者は中度から重度のより遺伝要因が濃厚であると見なすことが可能な比較的重度のパニック障害の克服に非常に有効になります。
全く味気ない無機質な話になってしまいましたが、真実とは常に残酷なものなのです。

過去の私はこの事実を認めることが本当に嫌でした。

パニック障害を克服するにはまず事実を冷静に確認しよう

パニック障害を克服するのに、基本的に心理療法や精神療法は一切無効です。無効というのはやや極端な誤った表現かもしれませんが、一時的な気休めにしかならないという形容であれば、反駁(はんばく)の余地はもはやないでしょう。

たとえば、パニック障害は骨の歪みが原因だとする説がありますが、科学的な根拠が一切存在していないわけです。

そのようなものでもし、本当にパニック障害が治るのであれば、そもそも誰も苦労しませんし、その種の方法に高い効果があるのであれば、米国のような医療技術の進んだ国家の精神医療の臨床において、既にその種の治療法は採用されているはずです。

たとえばですが、
そのような方法でパニック障害を本当に克服できるのであれば、お風呂にでも浸かって筋肉をゆるめてリラックスすれば、誰しもがそもそもパニック障害などかかっていなどいないはずの話になります。
(※その種の整体師が主張する理論は「筋膜の委縮硬化が骨の歪みを産む」というものであるため)

民間療法は危ない


また、パニック障害を克服する場において、潜在意識を書き換える、インナーチャイルドを癒すというのもすべて嘘の話になります。

潜在意識を書き換えても神経質という気質自体は変えようがないものであるからです。冷静になって考えてみればわかると思いますが、潜在意識を書き換えることで、黒人が白人になれますか?

あるいは白人が東洋人になれるのでしょうか?

遺伝子自体が異なっているので100%無理です。

この話が、パニック障害の克服を真剣に願う人の中においても、適応できます。

遺伝子が脳の機能の傾向(゠性格、気質の傾向)をコントロールし、症状を発現させているわけです。性格を変えたい、症状を治したいと思っても、遺伝子で既に決まっているので、極軽症例は除いてはその望みは叶わないわけです。

しかしながら、理論も科学性も実験再現性も全くないオカルトまがいの克服法で本気に治ると思い込んでしまっている人が意外と少なくないようです。

パニック障害を克服する手順について

(参考:)
パニック障害を運動で克服
パニック障害をマインドフルネス瞑想で克服
私のパニック障害克服体験談

(↑パニック障害を克服するのに必要なことが上の記事には書いてあります。すべてを同時並行して実践していくことがコツです。)

(まとめ)


パニック障害を克服したいという人はそもそも神経質という性格を変えたいと思っている人が少なくない。したがって、性格まで変えていく克服法の選定が大切になってくる※わけです。(※そこまでもドラマチックに自分を変えたい人の場合)

こうしてやっていけば、パニック障害は意外と簡単に自力で克服できるでしょう。
常識外の方法論だからです。

パニック障害を克服【最新版】 (←トップへ戻る)
(最終更新:2018/04/02)

パニック障害で自殺?

パニック障害で自殺?

パニック障害で自殺まで追い込まれる人は
そこまで多くはないかと思いますが、
中には存在すると思われます。

パニック障害における自殺対策

パニック障害は人によって軽症、重症など百人百様で一概にはいえませんが、
自殺まで追い込まれる人もいます。
まず、パニック障害で自殺に追い込まれている場合、
精神クリニックに行き、
抗不安薬を処方してもらい、それを服用されると良いかと思います。

そして、それに引け目を一切持たないことです。
(たとえば海外では、こういったことをオープンに「俺は抗不安薬を飲んでいるんだよ」「私もよ」みたいに日常的に話している人が普通に多かったです。)

自殺の衝動が強いときの対策(過去の私のケースから)

自殺思考が強いとき、
この種の抗不安薬は心をリラックスさせますので、
かなり効果的であるといえます。

このことを教えてくれたのは、私の女友達でした。(それまでの私は何が何でも薬は飲まない派の偏屈で心の狭い人間でした。)

百戦の工夫一杯の酒を

要するに、どうにもならない精神状態のときには抗不安薬は必要なものです。
依存性や中毒性の問題は多少はあるものの心が不安定な状態では、良いアイデアも出ないので、一度はじっくり落ち着いてみることが、パニック障害や自身の抱える問題の解決に有効になってくるわけです。

なお、過去の私はパニック障害だけでなく、
強迫性障害や境界性人格障害をわづらいましたので、
自殺未遂は何度も経験したことがあります。

世の中すべてを呪い、
「神も仏もあるものかと憤りながら断行しました」が、
失敗しました。
しかしながら、このとき効果の高い薬を飲んでいれば、
そんなことには決してならなかったはずです。

パニック障害における自殺が止まった理由

パニック障害もろもろから生じていた自殺の思考が消失したのは、
「ただしいパニック障害の克服法をとったからだ」ということができます。

そうでなければ、間違いなく自殺していたと思います。

今現在私は32歳ですが、
20代後半よりようやく人生が開けてきたので
非常にうれしく思っています。

私の場合、
パニック障害だけではなく様々な精神疾患が併発していたからです。

それまでの私の人生は地獄でした。

運動の習慣がパニック障害の克服に効く

 

私の場合、
パニック障害の症状自体は運動の習慣をつけるだけで克服できました。

しかしながら、

私がパニック障害以上に苦しんでいた強迫性障害や境界性人格障害の症状は運動やマインドフルネス瞑想の習慣で消失こそしましたが、神経質という性格的気質は克服できませんでした。

しかしながら、その後の米国有名大学医療実験に参加したのを機に、
神経質という気質自体までも克服することができるようになった所存です。

これは本当に僥倖で嬉しいことでありました。人は命懸けといえるほど、真剣に自分の問題を解決しようと覚悟した時、その解決方法を探り当てることができるわけです。

パニック障害で自殺する必要はまずない

そういった経緯より、
パニック障害やパニック発作で今現在苦しい人、自殺を考えている人も
自殺する必要はまずないと思います。
このことは私が他のブログでもいっていることですが、私は偽善者のように
「自殺ダメ絶対!」みたいな固い思考はしません。

どうしようにもない状況に追い込まれて
自殺を貫徹する人も存在しますし、それほどまでに悲惨な状況に
陥っている人も存在します。(たとえば筋ジストロフィーの閉じ込め症候群になっている人などです)

パニック障害は自力で克服できる

そういう理由から自殺は推奨は決してしませんが、
すべてやるべきこと—ここではパニック障害を自力で克服するすべてのことを
実践してからの方が良いかと思います。
やるべきことすべてを実行し、矢折れ刃折れの状態になっても、
まだ方法は必ずあるので、諦めてはいけません。

人生の光明は瀬戸際で来ます。

「命を懸けるというほどの真剣さ」が物事の成就には欠かすことができませんし、実際、成功者はそれくらいの努力はしています。
その努力を継続していけば、パニック障害もまず克服できるはずです。

それどころか神経症的な気質的問題も解決できるはずです。

(まとめ)

パニック障害で自殺を考える必要はなく、
私の当ブログ「パニック障害を自力で克服」もしくは他ブログやYouTubeをまずは見られるてみることをお勧めします。
パニック障害や神経症を克服するのに重要な情報を詳しく科学的根拠にもとづいたエビデンス付きで発信しているからです。

皆様の一日も早いご回復をお祈りいたします。

敬具
沖仁宏

(パニック障害を克服) 【←トップページへ戻る】