パニック障害とスピリチュアル【真実】

(最終更新日:2020/06/24)

パニック障害とスピリチュアル【真実】

パニック障害とスピリチュアルの関係について今回書いていきますが、まず第一にパニック障害にスピリチュアルは関係ありません。

パニック障害の原因は、そもそも脳の機能の問題によって引き起こされる病で、スピリチュアルは関係ないわけです。

スピリチュアルとは何か?

スピリチュアルとは、潜在意識の書き換え理論、インナーチャイルド理論、アセンション、ヒーリング、引き寄せの法則、波動の法則、オポノポノまたは悪霊(生霊、狐憑き等の憑依)または祟り(霊障=霊的障害)の除霊、前世のカルマの浄化等のオカルト的セオリーの総称です。

こうしたスピリチュアルの世界に精神を病んだ人はIQが高い傾向にあるせいか親和性が高く、深みにはまり込んでしまう人が少なくありません。実際に過去の私もそうでした。

 

スピリチュアルの分野の追及は心が強くなってから行うべき理由

パニック障害の直接の発症トリガーにスピリチュアル的要素がその原因になっているというようなことはまず100%ありえません。

それが証拠に抗不安薬を摂取すると30分以内に多くのパニック障害の人の”パニック”はおさまってしまうのです。

 

もし、こうしたスピリチュアル的概念がパニック障害にの原因に密接になっているのであれば、抗不安薬で即刻改善されるなどという事は絶対に起こりえないでしょう。

例えば、抗不安薬の摂取で霊性が高まったり、インナーチャイルドが癒されたり、前世のカルマが解消されるなんて馬鹿な話があるわけないからです。

 

もし、それを言うのであれば、依存に苦しんでいるドラッグ中毒者は皆、解脱しているという馬鹿げた話になります。

 

霊的な世界、スピリチュアル的世界は確実に存在する

しかし、完全に霊的な世界、スピリチュアル的事象がこの世界に存在しないのかというと私は否と答えます。(冒頭で述べた序文とは矛盾するのですが)

ほぼ確実に存在するものでしょう。

しかしながら、そうしたものは長年厳しい修行を積んだ禅の高僧やヨガ行者レベルの人間以外、追及できるものではありませんしするべきではありません。そのため禅宗ではそうしたものをもし理解しても、垣間見ても、「決して他言するものではない。禅天魔である。相手にするな。」と参禅者に教えるのです。

 


自称他称スピリチュアルカウンセラーの人には金持ちですよアピールを無意識的にしている人が多くいる印象を受けますが、本当の金持ちはそんな顕示欲はとうの昔に喪失していますし(金持ちであるのが呼吸するのと同じなのでそうした欲が最早ない)、何より、そんな初歩的な私欲もまともにコントロールできないようでは、自分は霊性が最も低い存在であるということを自ら暴露しているようなモノです。

したがって、こうした多くのスピリチュアルカウンセラーは完全な偽物なのです。

スピリチュアルの世界の追及は人類の終局的な目標だと言えます。
本質的な意味においては……。

しかしながら、ここにたどり着くまで生半可な努力ではすまず、千日回峰行の行者レベルの過酷な修練が要求されます。

このことについて、軍隊の特殊部隊の試験にパスするよりも遥かに難しいです。これは、元自衛官の私の先輩が言っていたことです。(空挺レンジャー過程卒)


↑海外有名ゲームに出てくるカルト教団に主人公が翻弄される様子(幾度となく金銭を要求されています)

パニック障害で悩まれている方の場合でこうした方法で克服を願っている人は今すぐ止めた方が良い。

せいぜい”自己暗示”、”自律訓練法”、”クーエ療法”程度で止めておいた方が確実に良い。

(私がブログがYouTube等でスピリチュアルの分野について否定的立場を取っているのは、”ひとつの方便として”です。でなければ、話が極めてややこしいことになる。)

 

例えば、千日回峰行の行者を見ていればわかるかと思いますが、非常に清廉潔白、清貧を好み、自己顕示欲のかけらもない極めて謙虚な人ばかりです。私が会った禅の高僧は寡黙かつ清貧を愛し、中古の軽トラに乗っていました。したがって、この次元の人にランボルギーニを乗り回したりして金持ちですよアピールをしている愚か者など誰一人存在しないのです。

 

パニック障害をスピリチュアルで解決しようとしている人には正直おススメはしません。おそらくその方法を何年何十年実行したとしても何の役にも立たないことだろうと推測するからです。というのは、スピリチュアルの世界の追及は世の多くの似非スピリチュアルカウンセラーのほぼ99%ができていないことで、同時に厳しい修行の世界に身を置く禅の僧侶ですら難しいというような話になるからです。

 

下手をすると、精神世界で一般人を釣る新興カルト宗教に入信させられる恐れすらあります。
或いは、命を軽視してしまうことになるかもしれません。

 

日本で起きた某カルト宗教の大事件を思い出してください。
彼らが用いた手口がまさにスピリチュアルです。又、この他にもスピリチュアルに騙されて資産を溶かしたという富裕層すら少なくないのです。

 

ここら辺の話は非常に複雑でのめり込むと極めて厄介なので私は便宜的に「スピリチュアルなど存在しない」と注意喚起として常に語っているわけです。

パニック障害の克服にスピリチュアルはまず不要

占いや引き寄せだとかそういうものを特に女性は信じやすい傾向にありますが、デパスを飲むと何故パニック発作が治まるのかということをよくよく考えて見られることをおススメします。
脳が心を産んでいるという紛れもない証拠です。
(パニック障害を克服するのにはこのスタンスのみで必要十二分。スピリチュアルまたは精神世界の追及は不要。)

まあ、どうしてもやりたい人は止めませんが(自己責任)

(参考:)
セミナー1回で100万円…SNS駆使するスピリチュアル詐欺の手口

スピリチュアルの分野を極めるのは最高難易度です。例えば1000億円貯金を貯めることと比較できぬほど難しい、そんな比喩すら可能です。

世界を好きなように動かす金融資本家(本当のサイコパス)、こうした人間を手玉に取るレベルの頭脳、忍耐力、精神力が要求されます。

このレベルの人は金銭欲のような低次の物理的欲求から確実に解脱しています。実際に、会ったことがあるのでそう断言できるのです。

又、同時に、このことは私が豪州のダーウィンという街で出会った元英国軍特殊部隊SAS(訓練脱落率90%)の人間が当時の私に語ったことでもありました。
スピリチュアルは最高難易度だとのこと。
パニック障害を自力で克服 (←ブログ記事一覧へ戻る)