パニック障害を克服

Spread the love

パニック障害を克服

パニック障害を克服するのは難しい話ではありません。パニック障害は芸能人にも多いといわれ、世界各国、特に先進国において近年激増している精神疾患の一種です。(旧名:心臓神経症)主なパニック障害の症状は、急な動悸、過呼吸などのパニック発作が予測不可能の状態ではじまり、当人は電車の中やあるいは飛行機の中で、パニック発作に見舞われるのを恐れ、そのような密閉された環境を避けてしまう人が少なくありません。

このような症状を医学的には予期不安と呼称します。

他には、広場恐怖ですとか上述したような閉所恐怖などといった特定の恐怖症(不安障害)を合併している場合も少なくありません。このようにパニック障害とは不安障害の一種なのです。
(昔は神経症だとかノイローゼと呼ばれていました。)

パニック障害は本当に克服できる

しかしながら、パニック障害を克服できるものであります。

パニック障害を克服する場合と、その親戚とされる強迫性障害の克服の仕方は非常に似通っています。その理由は、パニック障害は感情コントロールに問題を抱えている脳の物理的な機能障害であり、性格や心の問題によって発症するものではないからであります。
パニック障害の人が、強迫性障害を抱えることは少なくありません。何故かというと、パニック発作の予期不安(゠強迫観念)に頭がとらわれているとみることが可能であるからです。したがって、この種の感情コントロール障害、不安障害(゠神経症)というものは、その多くが親戚関係のようなものが少なくないのです。そして、その症状を産みだしているのは、純粋にあなた自身の脳(Brain)です。

パニック障害を克服するには脳の機能を変えないとダメ

話が少し横にそれたので元に戻しますが、

要するにパニック障害を克服するには、脳機能レベルにおける介入法がその克服のために必要不可欠になるわけです。

パニック障害は脳機能の問題

パニック障害は心理カウンセリングを受けてみたりやインナーチャイルドセラピーを受けて、潜在意識(無意識)を癒してみても未来永劫(えいごう)、克服しようがないものです。精神疾患というものは脳の病気であるので、潜在意識とか心の傷を癒すとか、ほぼ関係ないです。(勘違いしている人が非常に多いのでここで誤謬(ごびゅう)を正しておきますが、過去の私もかくいうその種の人間の一人でした。)脳の機能をきちんと正していく治療法をとらないと、このパニック障害に限らず、社会不安障害も対人恐怖症も克服することはできないという話になるわけです。

パニック障害を克服するのに無効なモノ、有効なモノ(まとめ)

【パニック障害克服にほぼ無効なもの(※気休め含む)】
・心理カウンセリング
・インナーチャイルドセラピー
・催眠療法
・精神療法
・心理療法
・認知療法
・認知行動療法
・暴露反応療法

【パニック障害克服に有効なもの】
・薬物療法
・運動療法
・マインドフルネス瞑想療法

という比較的簡単な構図になります。
前者はごく軽症のパニック発作には多少効果がある場合がありますが、パニック障害を産み出している神経質な性格ですとか気質といった本質的な問題は、一切解決できません。
後者は中度から重度のより遺伝要因が濃厚であると見なすことが可能な比較的重度のパニック障害の克服に非常に有効になります。
全く味気ない無機質な話になってしまいましたが、真実とは常に残酷なものなのです。

パニック障害を克服するにはまず事実を冷静に確認しよう

パニック障害を克服するのに、基本的に民間療法は一切無効です。無効というのは誤った表現かもしれませんが、一時的な気休めにしかならないという形容であれば、反駁(はんばく)の余地はもはやないでしょう。
たとえば、整体でパニック障害を治せると謳う商材がありますが、科学的な根拠が一切存在していないわけです。そのようなものでもし、本当にパニック障害が治るのであれば、そもそも誰も苦労しません。
そのような方法でパニック障害を克服できるのであれば、お風呂にでも浸かって筋肉をゆるめてリラックスすれば、誰しもそもそもパニック障害などに既にかかっていないはずです。

民間療法は危ない


また、パニック障害を克服する場において、潜在意識を書き換える、インナーチャイルドを癒すというのもすべて嘘の話になります。潜在意識を書き換えても神経質という気質自体は変えようがないものであるからです。冷静になって考えてみればわかると思いますが、潜在意識を書き換えることで、黒人が白人になれますか?あるいは白人が東洋人になれるのでしょうか?

遺伝子自体がかなり異なっているので100%無理です。

この話が、パニック障害克服を真剣に願う人の中においても、適応できます。遺伝子が脳の機能の傾向(゠性格、気質の傾向)をコントロールし、症状を発現させているわけです。性格を変えたい、症状を治したいと思っても、遺伝子で既に決まっているので、極軽症例は除いてはその望みは叶わないわけです。しかしながら、理論も科学性も実験再現性も全くない克服法で本気で治ると思い込んで閉まっている人が意外と少なくないようです。

(まとめ)


パニック障害を克服したいという人はそもそも神経質という性格を変えたいと思っている人が少なくない。したがって、性格まで変えていく治療法の選定が大切になってくるわけです。

パニック障害を克服【最新版】 (←トップへ戻る)
(最終更新:2017/07/08)


Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です