パニック障害を克服

パニック障害を克服

パニック障害を克服するのは難しい話ではありません。パニック障害は芸能人に多いといわれ、世界各国先進国において近年激増している精神疾患の一種です。(旧名:心臓神経症)主なパニック障害の症状は、急な動悸、過呼吸などのパニック発作が予測不可能の状態ではじまり、当人は電車の中やあるいは飛行機の中で、パニック発作に見舞われるのを恐れ、そのような密閉された環境を避ける人が少なくありません。しかしながら、パニック障害を克服できるものであります。

パニック障害を克服する場合とその親戚とされる強迫性障害の克服の仕方は非常に似通っています。その理由は、パニック障害は感情コントロールに問題を抱えている脳の物理的な機能障害であり、性格や心の問題によって発症するものではないからであります。要するにパニック障害を克服するには、脳機能レベルにおける介入法がその克服のために必要不可欠になるわけです。パニック障害は心理カウンセリングを受けてみたりやインナーチャイルドを癒してみても未来永劫、克服しようがないものです。精神疾患というものは脳の病気であるので、脳の機能をきちんと正していく治療法をとらないと、このパニック障害に限らず、社会不安障害も対人恐怖症も克服することはできないという話になるわけです。

【パニック障害克服に無効なもの】
・心理カウンセリング
・インナーチャイルドセラピー
・精神療法
・心理療法
・認知療法
・暴露反応療法

【パニック障害克服に有効なもの】
・薬物療法
・運動療法
・マインドフルネス瞑想療法

という構図になります。
前者はごく軽症のパニック発作には多少効果がある場合がありますが、性格という本質的な問題は解決できません。
後者は中度から重度のより遺伝要因が濃厚であると見られる比較的重度のパニック障害の克服に非常に有効になります。
味気ない話になってしまいましたが、真実とは常に残酷なものなのです。

パニック障害を克服するのに、民間療法は一切無効です。整体でパニック障害を治せると謳う商材がありますが、科学的な根拠が一切存在していないわけです。そんなもので治るのであれば、だれも苦労しません。お風呂にでも浸かってリラックスすれば、誰しもパニック障害などにかかっていないはずです。また、パニック障害を克服する場において、潜在意識を書き換える、インナーチャイルドを癒すというのもすべて嘘の話になります。潜在意識を書き換えても神経質という気質自体は変えようがないものであるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です