強迫性障害の人が自臭症になりやすい”明確”な理由

強迫性障害の人が自臭症になりやすい”明確”な理由

強迫性障害の人は自臭症に明らかになりやすいです。

自臭症とは

 

自臭症とは、自分から発せられる匂い、いわゆる体臭(汗のにおいや口臭等)が気になり、社会生活を送るのに著しい苦痛を伴う状態のことを指します。

自臭症の人の特徴としては、自分の体臭が臭いせいで他人に迷惑が掛かったていたり、不快な思いをさせていないのかを過剰なまでに気にしますが、実際は何の問題もない(例えば、わきがや多汗症のようなモノも存在しない)というようなケースも少なくありません。

 

自臭症は強迫性障害と併発しやすい

したがって、自臭症の人は醜形恐怖症(身体醜形障害)の一種であると見なされる場合も多いです。
醜形恐怖症とは不細工でもないのに、自分の顔が醜く、そのせいで他人に不快な思いをさせていると思い込む心の問題です。

醜形恐怖症は、自臭症と形さえ異なれど、性質的には非常に酷似していることがわかります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


この醜形恐怖症自体が強迫性障害と併発しやすいまたは殆ど同一のモノであるため、自臭症は強迫性障害と併発しやすい
です。

(関連記事:)
強迫性障害と醜形恐怖症は併発しやすい具体的理由


実際に私の顧客の方には、強迫性障害かつ自臭症(体臭恐怖症)の方が多くいらっしゃいます。

彼ら彼女ら主に気にしているのは
汗や髪の匂い、口臭などの体臭やおならなどです

コラム:強迫性障害と自臭症の対策に入る前に

若干脱線しますが、
実は西洋人(白人)の90%は、わきがです。これは男性だろうが女性だろうが同じことです。

私は長期間彼ら彼女らと一緒に生活していたのでわかるのですが、一つの部屋に彼ら彼女らが一部屋に集まりその部屋を去ると、わきが特有の匂いが残存します。

(同じ日本人同士では経験したことがないような匂いです)

これは体質的なモノなのでどうしようもありませんが、いちいちそうしたモノを気にしている人は西洋人でもそこまで多くありません。

しかしながら、
彼ら彼女らは自分たちの人種の体臭の問題に気づいておりますので、汗をかいたらシャワーを浴びたり、香水をつける等の対策を取っています。

良く日本にいる外国人(特に女性に多い)がキツイ香水をつけているのはこのためでしょう。(私観ですが、あまりにも強すぎる香水をつけている外国人は自臭症の傾向を持っている蓋然性が高いと思います)

自臭症を克服する対策について:


自臭症を克服するにはまず強迫性障害の問題を先に解決してしまえば良いです。

強迫性障害の人は、恐ろしい程細かいことを過剰に気にし、それに過度にこだわるという特有の性質を持っているので、強迫性障害の状態を抱えながら、自臭症を克服するのは困難です。

先に強迫性障害を克服してしまえばよい

したがって、
先に強迫性障害を克服してしまうことをおススメします。


強迫性障害の自力での克服方法は以下の記事を参照ください。

(関連記事:)
強迫性障害を自力で克服するのに大切なこと

自臭症の問題の対策:

自臭症でも

①ワキガや口臭の様な問題を抱えていないケースと、
②その種の問題を実際に抱えているケース


の2つが存在します。

前者の場合、特に対策は不要です。
後者の場合は、対策を取られることをおススメします。
前者でもどうしても気になる方は以下に紹介する対策を取られて下さい。

香水や口臭ケア商品を利用する

→コロンや口臭ケア商品を利用します。
体臭の問題や口臭の問題はあらかたこれで解決します。


香水や口臭ケア商品の利用以外の対策は以下の通りです。

体臭は肉食を多くするほど酷くなりますので肉食は控えめにし野菜や穀物を中心に取られるとよいでしょう。

口臭の問題は、早食いの過食の人に特に良く散見されます。1口30回は噛んでよく咀嚼して食べるようにしてください。

食事を正す

すぐ直近上の文章と重複しますが、肉食過多の食事ほど体臭を酷くします。体臭を抑えるのは菜食です。

運動の習慣をつける

日頃から良く運動をし、汗を十分かき、体内の不純物を出し切っておけば体臭も改善されて行きます。

入浴剤としてエプソムソルト(マグネシウム)を利用する

エプソムソルトとは硫酸マグネシウムのことを指しますが、海水に含まれる天然の成分の一種です。

エプソムソルトには発汗促進作用がありますので、入浴剤として利用すると体内に存在する不純物をデトックスすることができます。
こうして体内に存在する不純物を出し切ってしまえば、体臭の予防にもつながります。


また、マグネシウムを経皮からも吸収することが出来るのでミネラル不足を補うのにも最適な方法の一つです。

(強迫性障害の人ではマグネシウムの様なミネラルが明確に不足している)

(関連記事:)
強迫性障害に効果的なサプリメント【最新版】

結論

自臭症は強迫性障害と併発しやすい性質を持っています。強迫性障害の人自体が過度に細かいことが気になるこだわりの強い性格であるためというのがその主な理由です。

自臭症を治すにはまずは強迫性障害を治す必要があります。
強迫性障害の性質を除去してしまえば、細かいことは気にならなくなるので、自臭症の自意識過剰の問題もほぼ確実に消滅します。

私のある外国人の知り合いは酷いわきがでしたが3日に1度しか風呂に入りませんでした。彼にとっては他人にどう思われようが気にならないわけです。

しかしながら、日本人の場合、そんなに図太い人はそう多くはないと思いますので、体臭や口臭の問題が本当に存在する場合は、上で述べた対策法を講じられることをおススメします。

いずれにせよ、自臭症を克服する前に強迫性障害を克服してしまうのがこの問題解決の急所になります。

強迫性障害を自力で克服 (←ブログ記事一覧へ戻る)