強迫性障害で”結婚できない”ことは無い【対策付き】

強迫性障害で”結婚できない”ことは無い【対策付き】

 

✅強迫性障害があると社会的に孤立してしまったり、異性とのコミュニケーション能力に支障が出ることがあるため、「結婚できないのではないか?」と一般論で考える人は多いようです。

今回は、「強迫性障害のせいで結婚できない」という命題が真*であるか偽*であるか記述していきますが、この命題が偽であるというのは言うまでもないことなので、このまま文章を書き進めていくと、陳腐なくだらない記事になってしまいます。

(そうならないように具体的対策法も銘記していきます)

 


*真(しん)、偽(ぎ)は数学用語ですが、真とは正しい、偽とは間違いであることを意味します。ですので、真=正しい、偽=間違いであると簡単に読み替えられお考えになられてください。命題についてはこちらのホームページを参照下さい。

 

何故、くだらないのかと言うと、強迫性障害で結婚をしている人は山ほど存在していることが既知かつ周知の事実であるためです。

 

この時点で、言うまでもなく、「強迫性障害で結婚できない」という命題は偽すなわち間違いであるという事が自動的に誰にでも明確にわかってしまいますので反芻になりますが、言うまでもない話ということになります。


ただし、「強迫性障害のせいで結婚しづらくなる」ということは十分に有りえます。

 

ですので、「強迫性障害があると結婚できなくなる」というよりも「結婚しづらくなる」という方が正鵠を射た表現になると言えるでしょう。

 

そこらへんを踏まえて、当記事を記述していきます。

強迫性障害の方では既婚者の方が多い

私の顧客(強迫性障害の方は多い)は既婚者の方が未婚者の方が多いです。

話は幣事業所の経験談からです。

 

✅弊所は強迫性障害をはじめとする神経症等の心の問題の解決、克服のための個人指導を顧客様へ行っておりますが、幣個人指導の顧客の方は既婚者が未婚者よりも多いです。

その中でも、強迫性障害を抱える方からの個人指導の依頼も多いのですが、彼ら彼女らの多くは結婚されている方のほうが多いです。(お子さんをお持ちの方も数多く存在します)

 

さらには、
この一例に限らず、強迫性障害を抱えながら結婚されている方は山ほど存在しているのはネット上でも或いは書籍、リアルでの話から数多いということは明らかです。

強迫性障害だから結婚できないという命題は偽である

 

命題は一件でもその命題を否定する要素(反証)が存在すると偽となります。



既述の通り、強迫性障害でも結婚されている方は幣事業所の経験則から数多く存在しますし、ネット上でもリアルでも存在することは明白な事実です。


ですので、「強迫性障害だから結婚できない」という命題は偽ということになります。(命題がどうのこうの言うまでもなくとも、このことに誰でも頷かれることと思います)

 

 

平易な言葉に言い換えれば、
「強迫性障害だから結婚できないというのは間違いである」

という話になります。

よって、
「強迫性障害で結婚できない」というような話で悩まれている方は、その話は間違いとなりますので、安心されて下さい。

コラム:
特に女性の場合、妊娠、出産可能時期が年齢によって制限されていますので、30代、40代となってくれば焦りが出てくる傾向にあるようです。

また、男性でも30代、40代になってくると同世代の友人は既婚者が自然、多くなってきますので、独身女性同様に焦りを感じる方が増えてくる傾向にあるようです。

しかしながら、実は、例えばその世代で自分に彼氏または彼女がいない、みんな結婚しているといった風に焦ることが一番ダメなことです。

ただし、「強迫性障害によって結婚しづらくなる」ということは十分ありえる

話が逸れたので元に戻しますが、

ただし「強迫性障害によって結婚しづらくなる」ということは十分に考えられるファクトです。

これは、強迫性障害の性質をよく考えれば誰しも頷ける事実だと思います。

なぜならば、
強迫性障害とは広義では不安障害にカテゴリーされることが多々あります。

不安障害によって惹起されるコミュニケーション障害、社会不安障害、対人恐怖症、損害回避傾向また強迫性障害の確認強迫だとか不潔恐怖、加害恐怖などの各種症状によるパートナーへの巻き込み行為等が生じ、それにより恋愛関係が破綻し、それによってパートナーとの関係が御破算し、婚姻関係を結べなかったというような事例は起きがちです。

 

このような相談は幣個人指導の顧客の方から男女を問わず受けたことが幾度となくありますので、一般社会でも良くある事例なのだと考えられます。
実際に、弁護士事務所のホームページ等を見ると、その手の相談が数多く寄せられていることからもよくわかる事実だと考えられます。

(関連記事:)
強迫性障害で離婚を考えている方へ【※重要】
強迫性障害の種類(巻き込み型、自己完結型)

コラム:強迫性障害のAさんの結婚生活

 

Aさんという30代の女性がいました。彼女は強迫性障害の症状(加害恐怖や不潔恐怖等)がありました。(旦那さんとは付き合っていた頃から強迫症のことはカミングアウトされていたそうです)

既に結婚生活7年目だったそうですが、妊娠、出産を契機に強迫性障害が悪化したといいます。そして、朝から働き詰めの旦那さんの荒探しをし続けることが続きました。彼女が癪に障ったのは旦那さんが子供の扱いが大人のクセにまともにできないという事だったと言います。

旦那さんが子供に適切な言葉や態度を取れぬ度に叱責を繰り返し、あわや一時は離婚の危機まで差し迫ったと聞いています。しかしながら、Aさんが結婚生活についてを実母、実父に相談に言った折、

「30代前半でマイホームをローンなしで建てられる人はそうは多くいないんだし、あんたも少しは旦那を立てるということを学んだ方がいいよ。旦那に食わせてもらってるんだから、昔の女性は皆そんなこと弁えていたんだよ」

と言われ、言葉や態度を変えるようになってから結婚生活は上手く行くようになったと言います。

 

強迫性障害で結婚できないを未然に予防、克服する根本的対策:

既報の通り、「強迫性障害で結婚できない」ということは間違いであることがわかりました。

しかし、

 

✅「強迫性障害のせいで結婚しづらくなる」という事は傾向論としては十分にありえますので、この方面で不安を抱えている方に対する根本的対策法についても記載していきます。

 

 

 

強迫性障害は克服することが可能な心の問題です。

幣個人指導の顧客の方でも強迫性障害の克服法を実践することで、

 

■”劇的な効果を実感した”、

■”気になっていた症状が馬鹿馬鹿しくなってきた”■”何をしてもどうにもならなかった強迫症の症状が1週間で軽くなった”
■”強迫性障害が治るものであることを初めて知った”

 

等と仰られる方は数多く存在します。

常識を逸脱しているので、嘘のように感じられる方がおられるのは百も承知の話なのですが事実なので曲げようがありません。

当ブログには強迫性障害を克服する上で無料情報しかし重要な方法論が記載されたページが複数あります。(まずは疑うのではなく少なくとも3か月、半年間実践されることを推奨します)

以下、当ブログ記事のリンクなのですが、強迫性障害を自力で克服するのに必要な基礎的重要事項が散りばめられています。

幣所のビジネス即ち個人指導という用語をこの場で何度も使用することは僭越ではありますが、弊所の個人指導にお申込みをされる方の多くは、当ブログを読み、無料で誰でも実践できる以下の方法論を実践し、大きな効果を実感したのでお申込みをされたという方が少なくありません。

(推奨記事)
強迫性障害に効果的なサプリメント【最新版】
強迫性障害の克服に効果的な食べ物【まとめ】
強迫性障害を運動で克服【まとめ】
強迫性障害を生活習慣を正して克服する方法
強迫性障害を自力で克服するのに大切なこと

 

こんな方法が強迫性障害に効果があったら、誰も苦労しないと思われる方が多いでしょうし、専門家等は完全否定してくる事象なのは理解できますが、まずは数か月、半年だけでも良いので実践されてみられることをおススメします。

その真偽が判明するはずです。
(実は専門家、権威等が主張している方法こそが否定されるべき事象が多いことがよく理解できるはずです)

 

結論

 

「強迫性障害によって結婚しづらくなる」というのは確かですが、「強迫性障害で結婚できない」ということはありません。

 


繰り返しにとなりますが、

 

 

“ある命題に反証が一つでも存在すると”その命題は成立しなくなりますから、上の例で「強迫性障害で結婚できない」という話が誤りであることが明らかとなります。

 

しかし、強迫性障害によって結婚しづらくなるという事は十分に有りえますので、強迫性障害を抱える方は改善法、克服法を実践されることが重要だと存じます。

 

「強迫性障害で一生結婚できない」と焦る必要などなし

 

特に一生結婚できないのではないかと絶望されている方、20代後半、30代、40代で結婚に焦りを感じておられる方は、まず大前提として先に強迫性障害を克服してしまう事が最優先事項となります

これは、強迫性障害における恋愛の問題についても言えることです。


コラム:
また、結婚が全てではないという真理を良く理解することも極めて重要です。

私の海外の知り合い達はバックパッカーが多く世界各地を一人旅する人間が多数おり、彼ら彼女らは恋愛はしますが、結婚などはしていません。 結婚してしまえば一人旅も何もできなくなるからです。

このように、結婚によって得るモノもあれば失うものもある、物事はメリットだけではなくデメリットも必ず存在することを理解することは極めて重要です。


強迫性障害を自力で克服 (←ブログ記事一覧へ戻る)

 

(Visited 711 times, 1 visits today)

関連記事:

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です