強迫性障害と筋肉の関係【筋トレの重要性】

強迫性障害と筋肉の関係【筋トレの重要性】

 

強迫性障害のような過度にリラックスに欠く不安を抱える方の場合、十中八九、筋肉がこっております。

 

精神が不安定な方では特に上半身の筋肉がこっている傾向が強く、武道で言う上虚下実(上半身の筋肉の力が下半身に力がこもった理想的状態)ではなく上実下虚(上半身に力が入り、下半身の力が抜けた最悪に近い状態)になっております。

 

 

上半身の筋肉は主に感情に関わっておりますので、上述したように、必然的に”そうなる”と断定的に言うことができるのです。

上半身の筋肉がこると精神は不安定になる

 

強迫性障害に限らず、精神が不安定な方は上半身の筋肉がこっております。
例外はありません。

 

例えば、肩が今にも落ちそうなほど肩が柔軟な状態で精神不安定になろうと思ってもなれるものではありません。
または胸の筋肉がこっている状態で快活に明るく元気よくといっても、それは無駄な話になるのです。

 

と言いますのも、
筋肉の状態は心理状態と密接に関与しているためです。

(強迫性障害等のノイローゼ傾向にある方が明確に運動が不足している傾向にあるのはこのためとなります。子供や非文明国に住んでいる人にノイローゼが殆ど見られないのは良く体を動かすからです)

心理状態と筋肉の状態は正比例の関係:

お風呂に入ったり、マッサージを受けると誰でもリラックスできるのは筋肉が柔軟になるためです。

 

 

✅筋肉がこると精神は非常に不安定になります
✅筋肉が弛緩すると精神は非常に安定いたします

 

 

 

強迫性障害を克服したい場合、
この状態を自分で作り上げていけば良いのです。

 

コラム:

余談となりますが、奥さんや旦那さんまたは彼女、彼氏、両親などに「しづらいお願い事」をする場合、風呂上がりにすると良い。

✅風呂上りは誰しも筋肉が柔軟になっているので、ポジティブな回答が返ってくる可能性が高くなります。

反対に、

✅寝起きのような誰しも筋肉がこっているような時に、同じお願い事をしてもネガティブな反応が返ってくる可能性は極めて高くなります。

お願いしづらいことほど相手の筋肉が柔軟になっている状態でするのが交渉のコツです。

 

何故、このようなことが起きるのか申し上げますと、繰り返しになりますが、
筋肉の状態と感情は極めて密接に関わっているためです。

コラム:筋肉と感情の関係

 

首や肩の筋肉がこると追い詰められたような気持ちになり、気持ちに余裕がなくなり、無性にイライラしてきます

胸の筋肉が萎縮硬化していると陰気な気持ちになります


背中の筋肉がこると些細なことにムシャクシャしてきてイライラしてきます


腰の筋肉がこると何事も億劫でやる気がしなくなります


みぞおちや腹筋まわりの呼吸関連筋が硬化し固くなると呼吸が必然的に浅くなるので、意気消沈し、うつ傾向に陥ります

下半身(足腰)の筋肉が弱いと上半身に力が入るので些細なことに動揺する精神不安定な状態になります

 

一例を挙げますとノイローゼの人は足腰が弱いので、足腰を鍛える運動を行うと少々のことでは動じなくなるので、例えば強迫性障害の方でも症状は改善されて行くのです。

筋トレ等は強迫性障害の克服に効果的

 

筋肉を柔軟(強靭)にし、精神を安定させる。
そのために効果的であるのはヨガや筋トレになります。

ヨガや筋トレを実行されていきますと、筋肉が柔軟になっていきます。
ヨガは主に筋肉を拡張伸長させる方面にて機能し、筋トレでは筋肉を収縮させる方面にて機能し、両者は併用して行うと非常に効果的となりえます。

筋肉の伸長と収縮の幅が広ければ広いほど筋肉は弛緩することになります。
ですので、応じて上半身の筋肉であれば特に呼吸は深くなり、呼吸が深くなればなるほど精神は安定していきます。


こうしたことは決して気休めではありません
ので、
ヨガや筋トレ等の運動を強迫性障害を克服したい方は実践されられて見られてください。

何事も継続が重要となりますので、習慣化していくことが最も大切となります。

(関連記事:)
強迫性障害をヨガで克服【最新版】
強迫性障害を運動で克服【まとめ】

強迫性障害を自力で克服 (←ブログ記事一覧へ戻る)

(Visited 1,317 times, 8 visits today)

関連記事:

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。