強迫性障害に潜在意識は関係ない (超まとめ)

(概要:)

強迫性障害に潜在意識がどうのこうのという理論は一切関係ありません。「潜在意識を書き換えると、強迫性障害が治る」という主張があります。それらは一切、効果がない嘘なので、強迫性障害の克服を願う人は、気にされる必要はありません。

今回は、このことについて簡単な例を挙げ、解説します。

強迫性障害に潜在意識、理論が一切関係ない理由

そもそも強迫性障害の症状は、脳の機能(物理的なモノ)によって生み出された現象です。

お酒を飲むと性格が変わるのはアルコールが脳に入って、特定の脳内神経伝達物質を動かしたからです。

つまり、脳の機能が性格、心を産みだしているというわけです。
(結構、このことを忘れている方が少なくない印象を受けます。)

潜在意識を書き換えても物理的変化は起きえない

わかりやすい卑近な例を出します。

たとえば、潜在意識を書き換えることで、白人が黒人になったり、黒人が白人になったりしますか?(=物理的な変化が起きるのか?)

 

100%しない(起きえない)ですね。

 

潜在意識理論の破綻と終焉

この時点で、潜在意識理論は完全に破綻しています。

“潜在意識を書き換えて物理的な変化を引き起こすことができるのであれば、潜在意識を書き換えることで、白人が黒人になったり、黄色人種が黒人になったり自由自在にできるはずです。”

しかし、これは「100%起きえない」ことであることは誰しも容易に理解できることかと思います。

ですから同様に、

“潜在意識を書き換えることで、脳の機能という物理現象(=脳の場合、ニューロン間の電気信号と化学信号のやりとり)を変えることなど微塵もできないのです。”

脳とは物理的なモノで、脳の機能の現象化したものを心と呼ぶ


↑上の「プリズム」「脳の機能」と仮定し、「屈折して出ていった光」「心」とみるとこのことを理解しやすい

要するに、潜在意識を書き換えることで、物理的な変化は一切、引き起こせないわけです。

自己啓発系でよく言われているような潜在意識の運用によって、脳の機能が変わることなんてことも勿論ありえません。

だから、「潜在意識を書き換えれば脳の機能が変わり、それによって強迫性障害が治るとする主張はすべて嘘」という話になります。

脳の機能が心、性格を産んでいるのだから当たり前です。

コラム:

「潜在意識がどーのこーの」という理論の他には、「インナーチャイルドを癒せ」だとか「前世療法がどうだこうだ」という意味不明な怪しいオカルト療法が巷には跋扈(ばっこ)しています。

そういったモノに関わって、莫大な資産をはく奪されたという顧客の方が私のところに沢山おられます。

ある方は、TVによく出ていた有名催眠療法家に70万円ぼったくられたと話されていました。(数名)

 

この他にも強迫性障害を克服するには、
引き寄せの法則、インナーチャイルド、インディゴチルドレンの癒し、前世のカルマの解消、霊障の除去が必要だとか、言っている人にはご注意を。

まとめ

強迫性障害の克服に潜在意識は一切関係がありません。
こういうことを説きたがるのは、主に怪しいスピリチュアルカウンセラー、占い師の類で、オカルト的な主張を彼ら彼女らは絶え間なく繰り返しています。

そういう人はB層や情報弱者が集まりやすいアメブロに沢山いるのは皆様ご存知の通りだと思いますが・・・・・・。

正直な話、そのような人には近づかない方が身のためです。

また、そういった科学的根拠が一切存在しない理論を信じることは完全な時間の無駄で、お金をどぶに捨てるようなモノなので、信用するしない以前の次元の話になるのは言うまでもありません。

強迫性障害を自力で克服【最新版】 (←ブログ記事一覧へ戻る)

(Visited 334 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。