強迫性障害への運動と休養

 強迫性障害に運動の習慣をつけることは非常に効果的ですが、運動には休みも必要です。毎日、ハードな運動を行うのでなく、ハードな運動を毎日行っているのであれば、きちんと休養日も設けるようにします。

毎日、過剰な運動を行っているとオーバートレーニングになり、オーバートレーニングは精神のみならず体調にも有害です。
(オーバートレーニング状態になると精神は不安定になりやすい)

このような経緯から運動を行う際は、必ず休養日も設けられ実行するようにすると良いのです。ここはもう点になっている場合が多いのでご注意ください。

ただ、ウォーキングやストレッチのような軽い運動であれば毎日行っても問題ありません。

強迫性障害を自力で克服 (←ブログ記事一覧へ戻る)

関連記事:

(Visited 126 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です